プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深刻な問題「住宅ローン難民」

仕事から戻り、バス(お風呂)でまったりしながらテレビを観ていたら(http://smcb.jp/_ps01?post_id=1217204&oid=30521..)、住宅ローン難民についての報道がありました。

この不況で給与や賞与が減ったり、会社をリストラされてしまい収入が無くなったりして、住宅ローンの支払いが滞納となってしまい、結果として折角購入した自宅が競売になってしまうという悲惨な事が増えているそうです。

通常、一般の方々が戸建てやマンションをキャッシュで購入できるなんてことは考えられません。そうなると、住宅ローンを組むことになるのですが、それに対する消費者保護が法的になされていなかったことも原因の一部として挙げられるようです。

昨年の12月4日にやっと施行された「中小企業金融円滑化法」により、個人も返済猶予が可能になったのですが、それ以前に滞納して処分を受けてしまった方々は、もうどうしようもありません。

確かに、こんな不況がやって来ようとは誰も想像できなかったかもしれませんが、住宅ローンというのは、言わば”借金”です。どのような状況に置かれても、返済が可能なように、計画をじっくり考慮してローンを組むことが求められるように思われます。

この住宅ローン難民と呼ばれる方々は、これからピークを迎えるという評論家・専門家の意見もあり、予断を許さない状況にあるようです。

私の場合には生涯、賃貸で生活するかもしれません(笑)。

住宅ローン難民

先日の報道番組でこんなフレーズを紹介しておりました。

昨今の景気動向で住宅ローンの返済が滞り、住んでいる住宅が競売に掛けられてしまう人達の事です。

右肩上がりの給与が得られると信じてローンを。

しかし現実はボーナスカット、そして月給の減額。

そして中には会社から解雇、そして再就職。

真面目に働けば自分の物に成る筈だった持ち家が。

アメリカのサプライムローンの様に信用度の低かった人達では無かった筈なのに。

銀行も公庫も適正な審査を行い融資が行われたのに。

土地価格の下落で担保価値の下落と収入の激減のダブルパンチ。

家を競売に掛けられてもまだ多くの負債が残されるのです。

ここに来てそんな方達が急増しているのだと。

住宅ローン難民

先日の報道番組でこんなフレーズを紹介しておりました。

昨今の景気動向で住宅ローンの返済が滞り、住んでいる住宅が競売に掛けられてしまう人達の事です。

右肩上がりの給与が得られると信じてローンを。

しかし現実はボーナスカット、そして月給の減額。

そして中には会社から解雇、そして再就職。

真面目に働けば自分の物に成る筈だった持ち家が。

アメリカのサプライムローンの様に信用度の低かった人達では無かった筈なのに。

銀行も公庫も適正な審査を行い融資が行われたのに。

土地価格の下落で担保価値の下落と収入の激減のダブルパンチ。

家を競売に掛けられてもまだ多くの負債が残されるのです。

ここに来てそんな方達が急増しているのだと。

住宅ローン難民

先日の報道番組でこんなフレーズを紹介しておりました。

昨今の景気動向で住宅ローンの返済が滞り、住んでいる住宅が競売に掛けられてしまう人達の事です。

右肩上がりの給与が得られると信じてローンを。

しかし現実はボーナスカット、そして月給の減額。

そして中には会社から解雇、そして再就職。

真面目に働けば自分の物に成る筈だった持ち家が。

アメリカのサプライムローンの様に信用度の低かった人達では無かった筈なのに。

銀行も公庫も適正な審査を行い融資が行われたのに。

土地価格の下落で担保価値の下落と収入の激減のダブルパンチ。

家を競売に掛けられてもまだ多くの負債が残されるのです。

ここに来てそんな方達が急増しているのだと。

住宅ローン難民

先日の報道番組でこんなフレーズを紹介しておりました。

昨今の景気動向で住宅ローンの返済が滞り、住んでいる住宅が競売に掛けられてしまう人達の事です。

右肩上がりの給与が得られると信じてローンを。

しかし現実はボーナスカット、そして月給の減額。

そして中には会社から解雇、そして再就職。

真面目に働けば自分の物に成る筈だった持ち家が。

アメリカのサプライムローンの様に信用度の低かった人達では無かった筈なのに。

銀行も公庫も適正な審査を行い融資が行われたのに。

土地価格の下落で担保価値の下落と収入の激減のダブルパンチ。

家を競売に掛けられてもまだ多くの負債が残されるのです。

ここに来てそんな方達が急増しているのだと。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。