プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家事労働の今昔物語!!

私が幼少の頃に、今は亡き母と近くの川へ衣類の洗濯をしに行ったことがある。
桃太郎の話のようだが現実には川の岩床に衣類を押しつけ、足で踏んで汚れを落としたりしたものだ。
私の家ばかりでなく近所も皆そうしていた。

当時田舎町の我が家には上水道施設もなく、飲料水は近所の井戸からくみ上げ自宅まで天秤棒で担ぎ運び込んだものだ。
従って飲料水は貴重で一滴も無駄にせず大切にした。

ただ、田舎町には珍しくガス会社からパイプラインで各家庭に供給されていたので燃料にはそんなには苦労はなかった。

電気は定額制、例えば60W・40W・ラジオ~と、使う内容で個別契約・定額制(メーターがついてない)で、たまに電灯会社から個別に現場調査にきて、契約内容をチェックし違反があれば罰金を徴収された。
要するに今のように自由に電気も使えず不自由であった。

例をあげればキリがないが、田舎町の戦前・戦後のしばらくは、現今では想像もつかないほど家事労働は大変なものであった。

翻って、今、何もかもオール電化~転じてカカア殿下までになった
家事に費やす時間が往時に比べれば極端に減り、時間的に余裕ができた。

中高年の女性があらゆる面で活躍し、熟年時代を謳歌している時代である。時代の変遷と文明の発展、とにかく手間暇かけずに家事が省力化され余暇活動の進展となる。

先人たちの苦労を偲び現代文明に生きる私たちは、当たり前と思うなかにも感謝と心を忘れてはならない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/914-3bb3d80c

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。