プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフルエンザにかかりなさい!1

友人かから  まるっきり いただき コピペです
 では  どうぞ

『若者よ、新型インフルエンザに大いにかかれ―安保徹』日経ビジネスずら


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1989?page=1

若者よ、新型インフルエンザに大いにかかれ

21世紀型医療は「自分で治す」~手を洗うな、マスクはするな、キスをしよう

2009.10.22(Thu)

最終的な金額は分からないが、新型インフルエンザのワクチンの購入に1000億円以上の税金が使われるらしい。

これに対して、愚かしい、と一喝する医療の専門家がいる。

ワクチンに多額の税金は全くのムダ


安保徹・新潟大学大学院医歯学総合研究科教授。
1996年に白血球の自律神経支配のメカニズムを初めて解明するなど世界的な免疫学者 免疫学の世界的権威である安保徹・新潟大学大学院教授である。

「何たるムダ。効果もほとんど期待できないワクチンに、なぜこれほどの税金を投入するのか。愚の骨頂である」と手厳しい。

最終的には接種を受ける人の負担になるが、国や市町村でもかなりな額の補助が行われる見通しだ。

安保教授は続けて言う。

「ワクチンなんて歴史的に効いたためしはほとんどありません。弱めたウイルスを使ってワクチンを作っているわけで、本物の抗体ができないのです。今までにワクチンを打った人で、その後インフルエンザにかからずに済んだという例は1つもありません」

もっとも、安保教授は効果がゼロと言っているのではない。効果はあっても極めて限定的であり、それに頼り切るのはいかがなものかと言うのである。

医療の世界はただの水でも効果がある場合がある。

人間には本来備わっている強い自己治癒力がある。

精神的な効果でそれを高められれば、それ自体が治療であることに変わりはないのだ。

しかし、「新型インフルエンザだ。大変だ。政府はなぜ十分なワクチンを手当てしないのだ」と騒ぎまくる国民に、「分かりました。本格的な流行期の前にできるだけ手当てしましょう」と1000億円以上をぽんと出そうとする政府も政府。

さらに、インフルエンザの猛威を喧伝して不安を煽るだけの有難い大手メディアがいる。



新型インフルエンザの正体は一体何なのか。

発生当初の世界的パニック状況ならいざ知らず、既に十分な証拠が集まって正体が明らかになり始めた現在、熱に浮かされたようにワクチン、ワクチンと騒いでいる姿は、ある意味、滑稽でしかない。

若い人よ、積極的にインフルエンザにかかりなさい!

安保教授は言う。

「これだけ流行し始めた新型インフルエンザで毎日、何人が亡くなっているか。その数字を見ただけでも、毒性が弱いことははっきりしています。ここは効果がほとんど期待できないワクチンに頼るのではなく、自分の力で解決すべきです」。



自分の力とは免疫力だ。

新型インフルエンザは若い人がかかりやすい。

これは国民が免疫力をつけるうえで好都合でもある。



「若い人は免疫力が高いのです。でも、様々な病気になるのは抗体がないからです。若い人たちがこの際、一気に新型インフルエンザにかかって抗体を作ってくれれば、ワクチンで作った抗体よりもずっと効果がある。しかもこっちはタダですよ」と安保教授は言う。



免疫学の国際的権威がこう指摘するのに、なぜ日本ではワクチンフィーバーが続くのか。

その理由はいくつかある。



理由の最初は、振り上げた拳を降ろせなくなったという点だ。

新型ウイルスの登場に沸いたのは、ほかならぬ医学界の権威ある先生たちだった。



当初、毒性の高さに対する備えが必要だと声高に説いていた権威と名声には特にこだわりの強い先生たちが、振り上げた拳を降ろせなくなった。

そのため、毒性が弱いことが分かってきても、強い対策の必要性を説き続けるのである。



理由の2つ目が、大局よりも局所を重視する国民性と言えるだろう。

体の弱いお年寄りや受験生を抱えた親たちが、何とかしてほしいと訴える。

それは一部脅迫的なニュアンスも帯びてくる。

「もしものことがあったら、どうしてくれる。あなた方の責任だから」と。



こうした声に国民は弱い。

そして視聴率しか頭にない日本のマスメディアが超一流のアジテーターぶりを発揮して、自ら考えリスクを取ることを極端に嫌がる日本の国民を煽りに煽る。

さらに、ここを商機と見た健康産業が、大々的な宣伝を打つ。

「外から帰ったら必ず石鹸で手を洗いましょう。マスクも忘れずに」



公園で子供を遊ばせた日は手を洗わせない!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/86-3f5fc8e2

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。