プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒアルロン酸とコラーゲン

健康食品・肌の保湿剤として持てはやされているヒルアロン酸とコラーゲン。健康食品として経口摂取しても吸収されないことはご存知でしょうか。両物質とも体内に大量に存在する重要物資である。

ヒルアロン酸は2種類の糖が結合して生成した超高分子(分子量100万程度)状の多糖類である。水溶性食物繊維と同じで消化されず排泄。便秘には効く可能性はある。ただ、関節痛などで使うヒアルロン注射は非常に効くことがある。血液注射はしてはいけない。非常に危険である。生体親和性があり肌には良いようだ。ヒルアロン酸の効用を謳い文句にしている健康食品は効果が期待できないので誇大広告の疑いがある。お金は有効に使ってください。だまされないように。

一方、コラーゲンは様々なアミノ酸が結合した分子量10万ほどのタンパク質である。タンパク質は一旦、消化器のなかで酵素により分解されて構成しているアミノ酸分子に分解される。このアミノ酸が腸管から体内に吸収される。従って、コラーゲンを摂取しても体内のコラーゲンが増える訳ではない。昔、脳内にグルタミン酸が多いので、味の素を取れば頭がよくなるといわれたが吸収されたグルタミン酸は頭に移行しない。

吸収性をよくするためにコラーゲンタンパク質をある程度分解して低分子化してぺプチドにしている製品もあるが、たとえ吸収されても本来のコラーゲンには再結合・再合成されない。大部分は構成アミノ酸分子に分解され吸収される。それよりも低分子ペプチドは吸収されると体に思いもよらない悪影響を与える生理活性作用を示す可能性がある。ちなみに、モルヒネはアミノ酸のチロシン2分子が立体的に結合した物質である。ヘロインは無水酢酸(無水のお酢)でアセチル化した物質で、疎水性が付与されたので脳内に移行しやすい。ヘロインはモルヒネの10倍の効果がある。合成は難しくない。

以上から、ヒルアロン酸とコラーゲンはお肌の保湿剤に役立つかもしれないが、経口摂取しても効果は期待できない。保湿剤としての効果はあるようだ。また、関節へのヒルアロン酸注射は関節痛に劇的に効くことがある。ヒルアロン酸が関節の潤滑剤(機械の潤滑油)となる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/780-260ed92d

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。