プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火の鳥(鳳凰編・ヤマト編・宇宙編)(1986・1987)

オールタイム・マイベスト・ムービー100選の今日は36位、
「火の鳥(鳳凰編・大和編・宇宙編)」。ジャンルは、邦画アニメ。

手塚治虫の不朽の名作「火の鳥」の映画化。1968年から1970年までに連載されたものから、映画化された3作を選びました。

生きとし生けるものの、過去と未来を自由に行き来する、不死鳥「火の鳥」。「火の鳥」は、輪廻転生がテーマ。

まず、「火の鳥・鳳凰編」(1986)。
監督は、「銀河鉄道999」「幻魔大戦」のりんたろう。
製作に、角川春樹。

奈良時代。権力に翻弄され苦悩する2人の仏師、茜丸と我王の宿命
の戦いを、吉備真備と橘諸兄による奈良東大寺の大仏建立を絡めて
描いています。

火の鳥は、我王には彼の悪行のせいで子孫達が持つ事になる宿命を語り、怒りを奮起させる事で彼の腕をより上達させます。

一方、悪党だった頃の我王に腕を傷つけられた過去を持ち、その事
を暴露して、我王に罰を与え都から追放する事で栄華を得た茜丸には、二度と人間には生まれ変わることができない(魚に生まれ変わる)という残酷な運命を、彼の死の直前に告げます。

苦しみに耐え続けながらも生き続け、最後にはそれを肯定する我王と、権力の庇護を得て慢心に陥ってしまった茜丸の対比。人間の名誉と愛を望む醜さ、そして真の幸福とは何かといった作品でした。毎回観る度に、ついついラストシーンで、涙してしまいます。
http://www.youtube.com/watch?v=deU_81XOVpA

次に、「火の鳥・ヤマト編」(1987)。
監督は、平田敏夫。製作に、角川春樹。

古墳時代の日本。クマソの長・川上タケルの妹カジカと、ヤマト国の王子オグナの間に芽生えた許されざる愛の物語。オグナはヤマトタケル、川上タケルは川上梟帥がモデル。

「古事記」・「日本書紀」の日本武尊伝説と、日本書紀の垂仁紀にある殉死の風習廃止と埴輪にまつわるエピソードも下敷きにしています。

今では列記とした犯罪行為となる、古代の殉死の風習。私は、古墳やピラミッドを見たくない(行きたいとも思わない)のは、こういう風習が平然と行なわれていたことでもあるんですね。命の尊さを描いた作品でした。

最後に、「火の鳥・宇宙編」(1987)。
監督は、川尻善昭。製作に、角川春樹

西暦2577年。ベテルギウス第3惑星から地球へ向かう宇宙船は、操縦者である牧村五郎の自殺によって事故に遭う。牧村以外の男女4人の乗務員は宇宙救命ボートで脱出する。

だが、自殺したと思われた牧村五郎には、火の鳥も関わる因縁めいた過去があった。 牧村は、ある罪で火の鳥に永遠の命を授かります。それは、どんどん若返っていくという恐ろしいことでした。

命には限りがあった方が良いと言うことでしょう。宇宙で永遠に一人生き長らえることほど、恐ろしいことはありませんので。「ベンジャミン・バトン」の元ネタとなった傑作アニメ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/764-b67e3a82

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。