プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腸に良い食べ物

腸の病気にならない為には、便秘をしない事です。

腸が不健康だと、関連する他の臓器にも弊害を齎す事になり、体全体の環境を悪くします。

便秘で腹圧が上がると静脈血が逆流して「静脈瘤」ができやすくなります。静脈瘤は潰瘍や痔を作る原因になり、便秘は全身の疾患の引き金になるので、「便秘は万病のもと」と言われています。

=便秘になる理由=

便秘になる理由は、さまざまですが一般的に食物繊維不足による偏食や、ストレスなどがきっかけで、便意に対する大脳からの指令を時間がないなどの事情で逸してしまうことが多いと、脳はやがて指令を出さなくなります。

排便効果は、「有害物質の停滞時間を短く」し、農薬や食品添加物などの「有害物質を体外に排出」させます。

=便秘がお肌に悪い理由=

便秘をすると、肝臓に負担がかかります。便は要らなくなった物質を体外に出す成分なのですが、便秘で腸に留めておくと、汚れた水分を肝臓で再度処理しなければなりません。

肝臓は、体、全体の解毒を司っているので、便秘をすると余計な作業をしなければならなく、肝臓は疲れてしまいます。肝臓が疲れると、解毒しきれない老廃物が「吹き出物やにきび」というかたちで『皮膚のトラブル』として表れるのです。

=ストレスで過敏性大腸炎になる理由=

ストレスがかかると、交感神経が緊張して、腸内で、「停滞腐敗がおこされ、それを出そうと下痢をする」のです。下痢はミネラルなどの体に必要な成分まで排泄されてしまうのでミネラル不足になり免疫まで落ちてしまいます。


<便秘に良い栄養素と食品>

セルロース・・・有害物質を吸着し、自然な便通を促進します。
(穀物の外皮)

ヘミセルロース・・・腸の細胞壁の構成、維持に役立つ
(米ぬか・小麦ふすま・コーンスターチ)

リグニン・・・胆汁酸を吸着し、排泄させる作用があります。
(ココア・豆類・ふすま・いちご・ラズベリー・なし)

ペクチン・・・腸の細胞壁にセルロースを包む層として存在する。
(果実類)

アルギン酸・・・食物繊維は、水分を吸収してふくれ、腸の運動をさかんにし、食べ物の残りかすを速やかに体外に排出させます。
(海草)

ビタミンB1・・・糖質の分解に働き便秘を予防する
(肉類・魚類・豆類)

イノシトール・・・腸の細胞膜を構成
(オレンジ・すいか・メロン・グレープフルーツ)

パントテン酸・・・善玉菌を増やす働きがあります。
(肉類・魚類)

カリウム・・・腸の細胞内外の水分やいろいろな成分を調節する働きがある
(刻み昆布・大豆・するめ・さといも・トマトジュース・アボカド)

カルシウム・・・腸の細胞の分化を促す
(乳製品・小魚類)

ビフィズス菌・・・腸内細菌のバランスを正常化し、障害を避ける働きがあります。
ヨーグルト・ヤクルト


☆ 腸内環境を守る強い味方

腸内環境を良くする為には、「ビフィズス菌」とその餌である「オリゴ糖」そして「食物繊維」ですが、ビフィズス菌はオリゴ糖を食べて善玉菌を増やします。食物繊維は腸壁を刺激して腸の蠕動を活発にし快適な便通を促します。

美容と健康の為にも毎日、腸を元気にねっ(^^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/705-a8199050

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。