プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高血圧の話 2

塩と高血圧

塩分の取りすぎが血圧に良くないとの話を聞かれたことがありますか?

塩分摂取が多いとその塩分濃度を下げる為血液のボリュームが増え、血圧が上がるといった単純明快な理論に世界中の医師・科学者はころりとだまされました。私も中学生の頃理科の教科書で読んだ記憶があります。

今から10年程前にサイエンスという有名な科学雑誌で“塩と高血圧は関係があるか?”との記事が掲載されました。

この雑誌は医学のことのみならず科学全般の事が掲載されており、ネイチャーと並ぶ有名な雑誌でここで取り上げられると言う事は科学者にとって名誉な事です。

一流誌の素晴らしい所は関係ある派と関係ない派の両者の意見を並列して掲載した事です。

判断は読者に任せると言ったものでしたが、結果は関係ない派の完勝でした。

以後食塩感受性高血圧という言葉が誕生しました。

基本的に塩と高血圧は関係はないが、中に少数であるが塩分摂取により血圧が上昇する患者がおり、それらの病名を食塩感受性高血圧としたためです。

私の義兄などまずい減塩食で大いに悩んでいましたが無駄な努力をしていたということで、以後美味しい食事にありつけるようになったといっていました。

高血圧と塩は多くの場合関係がありませんが、塩分摂取が多いと胃癌などの原因となるなど別の問題が生じます。

塩分を取りすぎの日本人にとって、塩分制限は体には良い事であるといったところが医学の難しい所です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/649-19975ce0

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。