プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六甲全山縦走大会を終えて。完結。

摩耶山までの前半の体力的な苦痛も後半に差し掛かり足取りはいたって快調なはずだった。オテル・ド・摩耶をとうり過ぎたところで再び筋肉痛が襲ってきた。慌てて持参したエアーサロンパスを大腿部にしみ込むように吹きつけ再び歩き始めました。

途中の分岐路で若者が4-5人と男性が分岐路で迷っていたので
右が近道ですよ。左は山越えです。といったらみんな右にとりあっという間にいなくなりました。ただ男性は始めての参加者らしく道には不案内でした。初めてなら地図でも用意すればよいのにと考えましたが車道に出るまで同行しました。心配なので。

丁字ヶ辻ー記念碑台ーゴルフ場まで来て五分ばかり休憩しました。ここからはまたのぼりが少し続きます。六甲最高峰の下にある一軒茶屋には予定より30分早い15:40に到着。今回は車道の歩行も認められているのでなるべく短絡できるところを選び
東六甲分岐路のチェックポイントにでました。タイムは14:00-
18:30の間であればOKです。

ここからは水の補給は宝塚まで一切ありません。1週前には
登山路がクマ笹で背丈ほどに覆われ足元が見えづらかったのですがきれいに刈り取られていました。あがたいことです。

船坂峠ー大谷乗越しにくるとあたりも暗くなりヘッドランプの用意をし、しばらく歩いて点灯しました。樹林帯の中なので
真っ暗でした。前方に二人照らしながら歩いておられるのが確認されました。私はアルプスの早朝によく使っていましたので暗闇の歩きには慣れていましたが、一人での歩きがはじめての
人には恐怖感もあるかもと思いました。

いよいよ塩尾寺に差し掛かりここからの宝塚までの舗装された下りの30-40分がつま先に体重がかかり大変でした。
やがて訓練を重ねてきたゴールが目の前に来ました。

ゴールでは「完走おめでとうございます」とのねぎらいの言葉をいただきました。本当にありがとうございました。裏方さんのボランティアがなければ開催不可能と思いました。感謝。

最後に参加証に宝塚の印を押していただき認定証と完走記念盾を頂き長かった一日のイベントが終了しました。

ちょうど18:32を指していました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/63-d63a8492

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。