プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

免疫力

私たちの体は、病気をした時に自分で「自分を治す力」があります。その役目をしているのが血液の中の免疫細胞「白血球」です。

白血球は「出血」や、「感染症」・「悪性腫瘍」・「組織破壊」などの体を異物から守る為に全身を駆け巡り、体に進入してきた大きな異物を撃退する「顆粒球」と、顆粒球では殺せなかった小さな異物を殺す「リンパ球」とリンパ球に指令を出して異物の性質を調べる「マクロファージ」がいます。

このように体内に入ってきたウイルスや細菌に対抗して病原菌と戦うシステムを「免疫」といいます。

マクロファージには、さらに体内で発生する異常細胞を阻止する「NK細胞や胸腺外文化T細胞」と外界からの異物に対抗する「T細胞とB細胞」がいます。

=顆粒球の特徴と働き=

顆粒球は白血球の60%を占め、ブドウ球菌や連鎖球菌のような大型の細菌が体内に入ってくると、いきなり食べ、食べたらすぐ死んでしまいます。その死骸が「膿」です。顆粒球が死んだあとは、臓器や血管の粘膜に「活性酸素」という毒を撒き散らします。

=リンパ球の特徴と働き=

リンパ球は、白血球の35%を占め、体内に進入してきた、ウイルスや異種タンパクなどの小さな異物である「抗原」を食い止めて、それらに抵抗する為の「抗体」を作ります。

抗原を作って、抗体をやっつける事を「抗原抗体反応」といいますが、免役とは『抗原抗体反応』の事で、リンパ球は「免疫の主役」です。

NK細胞・胸腺外文化T細胞・・・腸管や肝臓で作られ、体にとって古い免疫です。
T細胞とB細胞・・・胸腺で作られ、体にとって新しい免疫です。

=マクロファージの特徴と働き=

マクロファージは、白血球の5%を占め、顆粒球やリンパ球の指導的役目をし、体に入ってきた異物を食べ、残骸を処理します。


<免疫を高める食品>

みそ・発酵食品・ヨーグルト・納豆・ごま・豆・小エビ・きのこ類・海藻類


=免疫を高める為には=

白血球には、自己防衛システムがあり、リンパ球と顆粒球をコントロールしているのが「自律神経」です。自律神経のバランスが健康を左右していて、どちらかが優位過ぎると、病気になります。

○ 顆粒球が増えすぎると・・・活性酸素が増えすぎて癌などの「酸化の害による病」を起こします。

(顆粒球の細胞上には、「アドレナリン」と結合する受容体を持っていて、「交感神経の命令」を受けています。「アドレナリン」は心臓の鼓動を速めたり、血圧を上昇させる『副腎皮質ホルモンの主成分』です。)


○ リンパ球が増えすぎると・・・アレルギーや自己免疫疾患による病を起こします。

(リンパ球は、細胞上に「アセチルコリ」ンという受容体を持っていて、「副交感神経の命令」を受けています。アセチルコリは、増えすぎると免疫が過剰に反応して自分で自分を攻撃してしまいます。)


まとめ: 免疫が高い状態というのは、「リンパ球が減らない状態」で、かつ「顆粒球が増えすぎない事」です。

つまり『自律神経のバランスが良い事』が、免疫力がある事なのです。


☆ 免疫ってエラ~イ!自分でも意識しないところで、ちゃんと敵と戦ってくれているなんて、何だか愛しいですね~♪

発酵食品や藻類などをバランス良く食べて
免疫に感謝しなくちゃねっ(^^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/598-b1b40988

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。