プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタボに良い食べ物

肥満のほとんどが、「過食」と「運動不足」が原因の単純性肥満ですが、ストレスもまた、肥満を誘引するきっかけになります。

=ストレスと肥満の関係=

体を円滑に働く為には、糖を利用してエネルギーを得なければならないのですが、ストレスがかかると、「交感神経が緊張」して、インスリンの分泌が制御されて、糖を処理しきれず皮下脂肪になってしまうのです。それというのもインスリンの分泌は「副交感神経下にある」ので、交感神経が優位の時は、インスリンの分泌が悪くなるからです。

=お腹の周りに脂肪がつきやすいのは=

腹部には胃腸や消化器、内臓など、大事な「内臓を守る役目」があり、運動不足でお腹周りの筋肉を動かさないでいると、入り込むスペースを見つけた脂肪はすぐに皮下にたまり「皮下脂肪」になります。

お腹が出てくるのは、「筋肉の衰えが原因」です。筋肉が衰えるとエネルギーを消費できなくなり、余ったエネルギーが「皮下脂肪」となって蓄積されてしまうのです。しかも、お腹の脂肪は体の中で1番最初に脂肪がつきやすく、(女性は、子宮があるため男性よりも脂肪がつきやすく)なっています。

<肥満に良い栄養素と食品>

スレオニン・・・たまご・スキンミルク・ゼラチン
肝臓に脂肪が蓄積して『志望肝になるのを防ぐ』作用がある。

グリシニン・・・大豆・大豆加工品
動物性食品に負けない良質のたんぱく質が含まれている。動物性たんぱく質は脂肪の摂り過ぎで、コレステロールや、中性脂肪が増え、生活習慣病の原因となりますが、大豆タンパクなら「コレステロール」、「中性脂肪」、「インスリン」などの『血中濃度を下げる』作用があります。

カルニチン・・・(メチオニンから合成されるアミノ酸の一種)牛肉・羊肉などの筋肉・内臓に多く、「脂質の代謝」に働き、「コレステロールの蓄積を防ぎ」、「脂肪を筋肉に運び」、代謝をうまく調節するという働きがあり、「中性脂肪と脂肪酸の燃焼を促進する」ので、『体脂肪を溜めない』という効果があります。

カプサイシン・・・唐辛子(薬味や香辛料として使うと良い)

=唐辛子は体内でこんな作用をします=

体内に入ったカプサイシンは、「中枢神経」を刺激して、副腎皮質からアドレナリンなどの「ホルモンの分泌」を促す為、脂肪分解酵素「リパーゼ」が活性化され、エネルギー代謝が盛んになって体内の『貯蔵脂肪の分解』が進んで肥満の予防になります。

☆ 早食いは過食のもと ☆

肥満は大なり小なり生活習慣病の元になり、食事をゆっくり食べる事で、食後の血液成分の変化が「脳幹にある食欲中枢」に作用して食欲にブレーキをかけますが、早食いは「食欲のブレーキがかかる前に食べ終えてしまう」為、食べ過ぎてしまいます。何かと忙しい現代人、せめて食事くらいは、ゆっくり食べましょうね(^^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/535-79638731

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。