プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンの話

「ビタ」は、ドイツ語で「生命」という意味です。生命にとって大切なのもという意味をこめて、ビタミンと命名されました。

ビタミンは、糖質や脂質・たんぱく質など、他の栄養素の働きをスムーズにして生命に必須な働きをし、食事で摂る必要のある『微量栄養素』です。

=ビタミンの種類=

ビタミンの仲間は13種類で、「水溶性ビタミン」と「脂溶性ビタミン」があります。
水溶性のビタミンは過剰に摂っても排泄されますが、脂溶性のビタミンは、蓄積されますから、摂りすぎると過剰症をおこして頭痛・吐き気などの副作用がでることがありますが通常の食生活では過剰症の心配はありません。

(脂溶性ビタミン)
ビタミンA(科学名:レチノール)
ビタミンD(科学名:カルシフェロール)
ビタミンE(科学名:トコフェロール)
ビタミンK(科学名:フィロキノン)

(水溶性ビタミ)
ビタミンB1(科学名:サイアミン)
ビタミンB2(科学名:リボフラビン)
ニコチン酸(科学名:ナイアシン)
ビタミンB6(科学名:ピリドキシン)
ビタミンB12(科学名:コバラミン)
葉酸(科学名:プテロイルグルタミン酸)
ビタミンC(科学名:アスコルビン酸)

他にビタミン様物質と呼ばれるものがあります。

(ビタミン様物質)
コリン・イノシトール・パラアミノ安息香酸・ビタミンB13・ビタミンB15・ビタミンB17・ビタミンP・ビタミンQ・ビタミンUなどがあります。

=ビタミンの働き=

ビタミンは体の中で、他のビタミンやミネラルと代謝を良くしたり吸収を助けたりしながら、それぞれ関わりあって機能していています。

特にビタミンB群は、単体では独自の機能を発揮できずB群同士で協力して働いていて作用を円滑にしています。一つのビタミンのみを過剰に摂っても逆に過剰症や不足を招いてバランスをくずす事になります。

○ ビタミンAとタミンC・・・薄暗い所で視力を保ち、Cによって酸化から目を守ります。また肺の粘膜を強化します。

○ ビタミンAとタミンU・・・胃腸の粘膜を強化し修復します。

○ ビタミンB群・・・神経の働きを正常に保ち、皮膚や粘膜の健康を維持します。

○ ビタミンB12と葉酸・・・赤血球を形成します。

○ ビタミンB12とE・・・血管を若く保ちます。

○ ビタミンB12とC・・・血管を強化します。

○ ビタミンC・A・E・・・発がん物質ニトロソアミンを分解し、粘膜の癌を予防します。

○ ナイアシン・B6・B群・・・インスリンの合成を促し糖の代謝を良くします。

○ ビタミンC・パントテン酸・B6・・・副腎皮質ホルモンの分泌を促進し、副腎を強化して免疫の過剰反応を抑制します。

○ イノシトール・コリン・・・脂肪やコレステロールの代謝を良くします。

○ マグネシウム・ビタミンC・・・Cの代謝を助けます。

○ ビタミンE・セレン・・・Eの働きを良くします。


☆ 生活の中で、ビタミンの役割は2つ考えられます。

ビタミン不足による「欠乏症を防ぐ」役割と、多めに獲って「生活習慣病を予防」する役割です。

たとえばビタミンCが不足すると歯ぐきから出血しやすくなり、ビタミンB2が不足すると口内炎になります。生活習慣病にはさまざまな要素がからんでいますから、せっかちな効果は期待できませんが、足りない栄養素を積極的に摂ることは、疾患の予防・改善につながります。

ビタミンを上手に摂って、今年も健康で過ごしましょうねっ(^^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/518-0c9a225c

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。