プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローンの悲しみ

ニュースを観ていたら「ゆとりローンの落とし穴」について話していた。
ゆとりローンという名の住宅ローンは平成4年に開始された。

ところがこのローン、大きな落とし穴があり平成12年4月に廃止されることになった。
5年までは低金利で6年目、11年目から一気に金利が高くなり、借り入れ時の条件であった終身雇用、給与のアップ、不動産価値の上昇などは実現が難しくなってきて、自己破産や不動産売却が増えた。
財産を処分しても残ったローンに日々追われている人も少なくない様だ。

5年ほど前、我が家の住み替えか、リホームを考えたとき、数件の住宅を見学に行ったことがあった。

その中に築3年の中古で有名メーカーの建てたおしゃれな住宅があった。

そのお宅の奥様がとても愛想良く対応してくれた。
各部屋のドアを次々と開け、特注というクローゼットを見せてくれたとき、クローゼットに続く寝室のベットの上にGパンにトレーナー姿のご主人らしき人が両手を頭の下で組み、天井を仰ぐようにして寝そべっていた。
まさか、その部屋にも見学者が来ることを予想していなかったという様子で、驚いたように飛び起き、軽く会釈はしたが何も言葉は無かった。
平日の昼間だった。不動産屋からはローン倒れの物件と聞いていた。
奥様の開き直ったかのような明るい口調表情と、憔悴しているように見えたご主人の顔。
ご夫婦には言葉に出来ない葛藤が見える気がした。
なんだか居辛くて早々に退散した。

結局、我が家は住み替えはせず、リホームで築30年近い家に住み続けている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/280-c9711c55

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。