プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユベール・ド・ジバンシー(Hubert de GIVENCHY)

ユベール・ド・ジバンシー(Hubert de GIVENCHY)は、1927年、パリのボーヴェに生まれる。本名、ユベール・ジャム・マンセル・タファン・ド・ジバンシー。

1937年、パリ万博でのデザイナー作品の展示を見て、デザイナーになることを決意し、17歳でファトのメゾンに入る。ピゲ、ルロンのメゾンを経て、スキャパレルのモデリスト兼主任となる。

1951年、24歳での初コレクションでは資金面の問題もあり、コットン素材のシンプルなドレスやブラウスを発表。中でもシャツ地で作った開襟、ラッフル袖の「ベッティーナ・ブラウス」は話題を呼びました。その斬新なアイデアとシャープな感性が絶賛され、モードの神童と呼ばれました。

1952年、ジバンシー社を創立。
1954年、オードリー・ヘップバーン主演の映画「麗しのサブリナ」の衣装を手がける。
1955年、「自由なライン」として発表したウエストもヒップもないシュミーズ・ドレスが「革命的な衣装」として反響を呼びました。
1956年、レディースウェアライン「GIVENCHY UNIVERSITY」を発表。
1962年に香水、1972年に男性化粧品を発表。
1973年、メンズウェアライン「GENTLEMAN GIVENCHY」を発表。
1999年に「GENTLEMAN GIVENCHY」が「GIVENCHY」となる。
1995年、オートクチュール・コレクションを最後にユベールが引退。後任にジョン・ガリアーノが抜擢。
1996年、アレキサンダー・マックイーンがオートクチュールとプレタポルテの主任デザイナーに就任。彼の手腕により、ジバンシーが再び隆盛期に。

ジバンシーの代表著名客といえば、やはり往年の名女優オードリー・ヘプバーン。個人的にもユベールと懇親があったようです。

現在はLVモエ・ヘネシーグループの傘下に属しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/262-03c4f06f

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。