プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスチャン・ディオール

クリスチャン・ディオール(Christian DIOR)は、1905年にフランスのノルマンディ地方グランビルに生まれ、パリ・オートクチュール全盛期の先端を担った名デザイナーです。もともと画商でしたが、作品がクチュリエに売れたことで一転モード界に入りました。

リュシアン・ルロンのメゾンで働く彼の才能に目を止めた木綿王マルセル・ブサックの援助で1946年に独立。パリ・モンテーニュ通り30番地に店を持ち、1947年、S/Sコレクションでパリでデビュー。

ペチコートで膨らませた曲線を強調したゆったりなだらかな肩に細く絞ったウエスト、くるぶしまであるロングスカートという優美なスタイルの「花冠ライン(Ligne Corolle)」を発表。そのシルエットの美しさに驚いた「ハーパース・バザー(HARPER'S BAZAAR)」の編集長カーメル・スノウが「これはまさにニュー・ルック」と言ったことから、「ニュー・ルック」と呼ばれ、世界のモード界に旋風を巻き起こしました。

その後、1948に「ジグザグ・ライン」、1950年に「パーティカル・ライン」、1951年に「オーバル・ライン」、1952年に「シニュアス・ライン」、1953年に「チューリップ・ライン」、1954年に「Hライン」、1955年に「Aライン」、1956年に「アロー・ライン」と、次々と新しい手法を生み出し、流行の神様とも呼ばれ、現代にも多大な影響を与え続けています。

ディオール死後の1957年、21歳の若さでイヴ・サンローランが主任デザイナーに抜擢。その後、1960年にマルク・ボアン、1989年にジャンフランコ・フェレと引き継がれ、ディオール創立50周年の1996年より、ジョン・ガリアーノがデザイナーに就任。

2003年12月、東京・表参道にクリスチャン・ディオール表参道店をオープン。地上4階から地下1階まで、レディースウェアやメンズウェアであるディオール・オム、バッグ等の小物やシューズ、ファインジュエリー等を扱っています。また、ディオールでは世界最大となる化粧品売り場があり、初めての試みとなるエステやネイルカラーのコーナーも設けられています。なお、屋上にはディオールのラッキーモチーフである星が飾られています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/258-2568e142

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。