プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マーラー交響曲 第3番」を鑑賞

友人からオーケストラ・アンサンブル金沢の定期公演を聴きに行かないかと、話があり入場券を貰うことにした。

簡単に引き受けたが、時間の重なる講演会の事を忘れていた。
どうしようか迷ったが、講演会は基調講演だけ聴いて途中で抜け出し
定期公演の石川県立音楽堂へと向かった。

午後3時開演で、駐車場に入ったのは午後3時だった。
駆け足で音楽堂コンサートホールへ入ったが、もう会場へは入れません。30分くらいモニターテレビで見て、どうにか自分の席に着く事が出来ました。まわりは女性の人がほとんどでした。

今回は「マーラー交響曲第3番ニ短調」で、新日本フイルハーモニー交響楽団とオーケストラ・アンサンブル金沢の合同演奏会で行われた。指揮者は井上 道義さんです。
独唱はソプラノ歌手バーナデット・キューレンさんです。
管弦楽は約110人、合唱団は120人で大曲に挑みます。

私は、オーケストラ演奏会を聴くのは2回目です。
どうせ途中で眠るだろうと、自分で決めていましたが眠そうになると、
大太鼓が大きく鳴り自分を起こしてくれるようでした。

第6楽章まであり、指揮者の動きや管弦楽の弾き方等を見ていると
曲の中へ吸い込まれて行くようです。曲の流れで自分が楽しい
気分になるのが分かります。

なにかオーケストラのフアンになりそうです。
12月定期公演は「ベートーヴェン交響曲第9番ニ短調」合唱付
「第九公演」です。

写真は音楽堂前のクリスマスツリーです。「おんさ」をモチーフにした
          オブジェに赤や金色の飾りがしてある。
          点灯してないのが残念です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/235-d06b6344

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。