プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出しウズベキスタン料理

今月初めに行ったウズベキスタンでは色々おいしい料理を食べました。同国は中央アジアに位置しますが、帝政ロシア時代からソ連邦の崩壊までロシア領だったので、料理も多大の影響を受けています。ボルシチとかキャベツロールとか黒パンなどは日常的に食べられているようです。その一方で、ナン(インドのナンと違って丸く厚めの形をしています)、ケバブ(羊の串焼き)、ラグマン(肉うどん)マンティ(饅頭から派生?)等、アジアっぽいものもあります。しかし、ロシア料理の影響か、全般にトルコ料理やイラン料理ほどスパイスは強烈ではなく、誰にも好まれそうな味付けでした。これは観光客用のホテルのレストランだけではなく、地元の人で賑わう街中のレストランでも同様でした。最初の写真は現地で食べた料理です。

 今日はそんな中からボルシチとプロフ(肉のせ炒飯)にトライしてみました。ロシア料理のレシピからボルシチは何回か作ったことがありました。ウクライナ地方では豚肉を使うそうですが、ウズベキスタンはイスラム圏なので羊肉か牛肉が一般的で、今回は牛肉を使いました。ただ、レシピがあるわけではなく、味を思い出してクミンとディルを多目に加えて見ました。

 プロフはヒヴァ地方の郷土料理で、炒めた豆入りご飯に鶏肉、玉ネギ、黄人参を炒め合わせたものがトッピングされています。一口食べたらかなり油っこいですがとても良い味でした。普通なら完食してしまうのですが、2人とも下痢から治ったばかりだったので用心して4分の1位しか食べませんでした。これもクミンと多分コリアンダーが使われていました。黄人参はないので普通の人参を使いました。

 作り終わって家内に試食させたところ、プロフはもう少し油っぽかったけれど我が家ではこの位で良いんじゃないかしら、味はそろそろ忘れかけているけれどそんなに違わないように思うというあやふやな返事でしたが一応完成としました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/228-4d691979

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。