プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご存じでしたか... インターネット(WWW等)の開発者のこと!!

ティム・バーナーズ・リー 【英】Tim Berners-Lee, Timothy John Berners-Lee

ティム・バーナーズ・リーとは、英国のコンピューター技術者である。1955年6月8日、ロンドン生まれ。WWW(World Wide Web)の仕組みを考案し、今日のインターネットの基礎を築いた人物として知られている。URL(URI)、HTTP、HTMLも彼の手によるものである。

1973年、ロンドンのエマニュエル高等学校を卒業した後にオックスフォード大学クイーンカレッジに進学した。専攻は物理学だった。1976年に同大学を卒業し、イギリスの電話会社であるプレッセイ電信電話会社に就職、2年間の勤務の間に分散システムやメッセージ転送、バーコード技術などを担当している。

会社を辞め、しばらくの間は個人でコンサルタントを営んでいた際に、スイスのジュネーブにある欧州素粒子物理学研究所(CERN)へとソフトウエア技術のコンサルタントとして出入りする機会があった。

CERNは欧州12ヵ国によって共同で建設された、巨大加速器を中心にした一大研究組織であるが、バーナーズ・リーはそこで数千人にのぼる研究者や参加者に効率よく情報を行き渡らせるためのシステム開発を任された。

折りしも、個人的開発作業の一環として、ランダムに他の文書と連結できる仕組みをもった情報管理ツール「Enquire」が開発されていた。バーナーズ・リーの、電話会社時代に培われた技術とEnquire構想は結実することとなる。

1981年から1984年にかけて、彼はイメージ・コンピュータ・システム社の技術デザインの責任者になり、1984年には、科学データ閲覧のための分散リアルタイムシステムに関する業績についてCERNからフェローシップを授与されている。

ハイパーテキストの仕組みは、テッド・ネルソンが長らく研究を進めてきたテーマだった。1989年、バーナーズ・リーがWWWと呼ばれる分散システム上の情報形態の提案を公式に行ったことで、ハイパーテキストのアイデアは実現されることとなった。

CERNにあった「NeXT」コンピュータ上に、サーバー(httpd)とクライアント(Webブラウザ)の環境が構築された。その翌年、1991年8月6日、最初のWebサイトが設立され、インターネットが実現されることとなった。

バーナーズ・リーは現在、WWWコンソーシアム(W3C)のディレクターとして活動するかたわら、マサチューセッツ工科大学で計算機科学研究所の主任研究員を務めている。

2002年には日本国際賞受賞、2004年フィンランド政府による「ミレニアム・テクノロジー賞を受賞、同じく2004年にイギリスから騎士(ナイト)の称号が授与されている。


コンピュータ、インターネットの技術の進展は大変なものですが、上記の若い技術者がインターネットの元になる”WWW”他、重要な部分を開発されたのですね。それにしても世の中には相当な頭脳を持った方がいるものです。

彼の開発がなければ、これほどまでの情報処理や、瞬時に世界の情報が地球の隅々まで行き渡ることはなかったのかも知れません。

CERNは私の甥が、東大大学院理学部修士課程素粒子研究室在籍時の昨年夏に2カ月出張していました。巨大な設備ですね。色々な研究者がいるものです。感心します!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://h31k123.blog113.fc2.com/tb.php/222-5a0f2f53

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。