プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間ではない人間

人間ではない人間に対して人権を当て嵌めることに異議があります。

非人道的と言うが、それは人間に対して言う言葉です。
被害者の家族は皆、どのような苦痛を与えたいか、という恨みで生きています。
死刑囚が死の恐怖から精神障害を起こせば、遺族の本望です。

人権団体の主張の主旨は何なのですか?
極悪非道の果てに人権を取り上げられた「物」に対して何を与えるのでしょう?
人権を取り上げるから死刑なのでしょう?
そこになぜ人権が入り込むのですか?
論理的にも説明ができません。

罪には段階があります。
その最高刑が死刑です。
なんら間違っていません。

廃止が国際化しています。
ほとんどが安定した生活で、のほほんとした世界の人間が、感傷的なものの考えで廃止を主張しています。

ウィンドウズがいい例です。
グローバル・スタンダードを無視し、PCの95%に自社の規格を押し付けています。
知らない人はグローバル・スタンダードと間違えます。

死刑はグローバル・スタンダードであるとともに、生ける生物の集団規則で、人間だけが除外されるものではありません。

先日、私は自分自身に対して死刑を宣告し、執行寸前までいきました。
死の恐怖は凄まじいものです。
今も、死と直面して生活しています。

死に向かい合ってもいない人間に、軽率に死刑を語ってもらいたくありません!
スポンサーサイト

スイス&おフランスの旅

昼食も終わり、午後の観光はショッピングタイ~ム!のお知らせが添乗員さんからある。「これからショッピングタイムを作りたいと思います。当初、三越を予定していたのですが、閉店間際なので品が少ないとの事なので、パリ高島屋にしました。」
なっ、何~?高島屋~?タカシマヤ~!この浦舟に帆をあげてぇ~!あ、違うか。あれは高砂ややったねえ。(なんでパリに来て、日本のデパートで買い物せんといかんの~?)
三越が高島屋に変わったところで、大勢に変わりはないと思うのだが・・・。

バス車内の空気は一変。おば様達はウキウキ、ソワソワ。ルイブタンさんの鼻の穴が500円玉大にひろがり、お目目ギンギラギン!小さなパンフレットのようなものを取り出し始め、何かを確認している様子。ああ、カタログまで持ってきてるんや!スゴイ!そこまでやるかっ!高島屋内で集合時間と場所が決まると、あっという間にオバ様達はルイヴィトンやカルチェへ突撃~!ブタンさん、短い脚でエスカレーターを二段上がりをしていく。危ないよ~!

僕たちもウィンドーショッピング。ルイヴィトンの前には相変わらず人が並んでいる。ふとみると、ルイブタンさんが前のほうで僕たちに手を振っている。「頑張ってね」と声をかけて、僕たちはウィンドーショッピングをする。(何を頑張れと言いたいのかわかりませんが・・・・。)まあ、買う気もないし金もないのでウィンドーショッピングを早々に切り上げて、近くのオープンカフェでビールを一杯やることにした。
強い日差しの中、通り行く人を人間観察をして楽しむ。
「あれはオカマと違うか?」とか「あの女の人はバツイチで子供二人、亭主の暴力に苦しんでいる」とか、まあ日本語で言いたい放題。指差しとか、当事者を向いて笑うとかいうのは厳禁です。(僕たち夫婦は海外に出ると、必ずこの儀式?を行います。楽しいよ~、これは。)

やがて、時間が来て集合場所に行くと、まあ、皆さん買ってる、買ってる!皆さん両手にはブランドショップの沢山の買い物袋が・・・・。ブタンさん本当に嬉しそうだ。この世の幸せを独り占めしているみたい・・・・。高知のオバさま達はお金持ち~っ!ブタンさんはどことなく安堵の表情を浮かべている。
「あ~あ、これでホッとした。娘や妹から頼まれていたものを
 買うことが出来た、ヤレヤレ。もう、買えんかったらどうしようと思いよった。」そうかあ、そういうパターンもあるよなあ。
海外旅行に行くときに、ブランド品のお土産を指定されて頼まれる。確かにあれは負担になるよねえ。
旅に来ていろんな観光を楽しもうとしているのに、ショッピングすることに負担を感じて楽しみが半減するなんてのは、本末転倒だと思うねえ。それにしても、日本はまだ豊かなんですねえ。

そして、ツアーは満足そうなオバさま達を乗せて、リヨン駅に向かい、TGV(フランスの新幹線)にてスイスの首都ベルンに移動する。

明日が・・・

歌デビューの日です。
なんだか緊張してきました。

最近、ふぁごっと以外の舞台が多い?
ピアノも今までの自分では信じられないくらい緊張しました。
明日もきっと、、、声震えるんだろうな~。
ひぇ~~(@_@;)

今から衣装(ワンピースでドレスじゃありません!)にアイロンかけます。
そして、ちょっとピアノ弾いて、声もだしてみよ。

マイフレさんが一人、聴きに来るとか言ってましたが、
来なくて良いです!
明日は台風がやってきます!!

とは言え、他のマイフレさんも同じ舞台に立ちます。
ピアノの演奏(先生の演奏なので楽しみ♪)もあります。
子ども達のピアノも楽しみです。

でも!!!!!
来なくて良いから!(>_<)

家事労働の今昔物語!!

私が幼少の頃に、今は亡き母と近くの川へ衣類の洗濯をしに行ったことがある。
桃太郎の話のようだが現実には川の岩床に衣類を押しつけ、足で踏んで汚れを落としたりしたものだ。
私の家ばかりでなく近所も皆そうしていた。

当時田舎町の我が家には上水道施設もなく、飲料水は近所の井戸からくみ上げ自宅まで天秤棒で担ぎ運び込んだものだ。
従って飲料水は貴重で一滴も無駄にせず大切にした。

ただ、田舎町には珍しくガス会社からパイプラインで各家庭に供給されていたので燃料にはそんなには苦労はなかった。

電気は定額制、例えば60W・40W・ラジオ~と、使う内容で個別契約・定額制(メーターがついてない)で、たまに電灯会社から個別に現場調査にきて、契約内容をチェックし違反があれば罰金を徴収された。
要するに今のように自由に電気も使えず不自由であった。

例をあげればキリがないが、田舎町の戦前・戦後のしばらくは、現今では想像もつかないほど家事労働は大変なものであった。

翻って、今、何もかもオール電化~転じてカカア殿下までになった
家事に費やす時間が往時に比べれば極端に減り、時間的に余裕ができた。

中高年の女性があらゆる面で活躍し、熟年時代を謳歌している時代である。時代の変遷と文明の発展、とにかく手間暇かけずに家事が省力化され余暇活動の進展となる。

先人たちの苦労を偲び現代文明に生きる私たちは、当たり前と思うなかにも感謝と心を忘れてはならない。

就職と進学

双子の孫は高2。
親は担任の先生から言われたそうだ、卒業後の進路計画を決める様にと。
親曰く、もう?未だ2年になったばかりだが?
先生曰く、遅い位です、3年になって慌てる人が多く、間に合わない生徒が出てくるそうです。

成績も余り芳しくない生徒の親に注意をすると”成績を上げて下さい”という親もいるそうです。
そこで先生は言うそうです、”勝手に操作できません”と。

その他、平気で、耳を疑うような要求をする親が最近多いとか。
何とかペアレンツが増えているそうです。

テレビ番組

夕方からお墓の草刈り。
やぶがらしとスギナがものすごい勢いで繁殖しててビックリ。

出かける前にテレビで海老さまの披露宴直前SPというのをやってました。
なんかすごいな。
テーブルクロスとか椅子カバーまでオーダーメイドだって。
どこの国のロイヤルウエディングかと思ったわ。総額いくらかかるんだろ。
昨夜の深夜の番組で千原ジュニアが「ご祝儀はいくら包んだらええんや?」と悩んでましたね。

言っときますが、別にあの二人が見たかったわけじゃなくて、披露宴会場に届いてる有名人からのお花に福山さんからのお花があったという情報があったもんで。「NEWS ZERO」つながりですね、きっと。
テレビのカメラに向かって、堂々とノロケられる海老さまはやっぱり肉食系というか、もはや近づくだけで妊娠しそうなフェロモンムンムン。

NHKの6時のニュースで「龍馬伝」鹿児島ロケのインタビューが流れるというので予約録画。
帰ってから見てみると・・・最初の10分は全国版。その後は神戸放送局からでローカルな話題ばかり。全然映らない~。
ま、お龍さんとの混浴シーンにデレデレしてるところはあんまり見なくてもいいか・・・。誰かYoutubeにアップして下さい。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。