プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高血圧症に良い食べ物

血液は、心臓から送り出されて血管を通り、末梢細胞に運ばれます。このとき「動脈の壁にかかる圧力」が、必要以上に強い場合を『高血圧』といいます。

=塩分と血圧の関係=

人間の細胞には「カリウム」と「ナトリウム」のミネラル濃度を調整する機能があります。塩分が細胞内にたくさん入ると細胞は、それを排出しようとします。

塩分の摂りすぎが高血圧に結びつくのは、この「ナトリウム調節機能の酷使」にあるのです。ナトリウム調節機能を酷使すれば、その機能も衰えナトリウムが排出しきれなくなります。

細胞にたまったナトリウムは水を引き寄せ、その影響で血管がむくみ、血が流れにくくなるのです。その結果、血圧が高くなります。

さらに、塩分自体、「筋肉や血管を収縮させる作用」があり、血管収縮を促進することで、同時に血圧も上がってしまいます。 

=血圧が高くなりやすい人=

「肥満」、「座っている時間の長い生活」、「ストレス」、「喫煙」、「アルコールの飲みすぎ」、「食事での塩分の取りすぎ」などは、高血圧症の誘引になります。ストレスは血圧を一時的に上昇させますが、ストレスがなくなると血圧はたいてい正常に戻ります。

<高血圧に効く栄養成分と食品>

○ カリウム・・・ナトリウムの排泄を促して血圧を正常に保ち、高血圧の人の血圧を下げる作用があります。

魚類・・・かつお・するめ・さわら・ふぐトマト・めかじき

豆類・・・大豆・納豆・いんげん豆・枝豆

いも類・・・さといも・やまといも・さつまいも・

野菜・果物類・・・アボカド・切干大根・干し柿・ほうれん草・干しあんず・バナナ・・メロン・

藻類・・・昆布・干しひじき

○ マグネシウム・・・血圧を正常に保ち、高血圧を予防します。
(アマランサス・アーモンド・するめ・種実類・大豆製品・乾物・藻類・玄米・干しえび・かき・とうもろこし・かつお・いわし・あおのり)

○ カルシウム・・・血流を良くして高血圧を予防します。
(乳製品・乾物・藻類・種実類・大豆製品・豆類・緑色の野菜)

○ ルチン・・・血圧を上昇させる働きを弱め高血圧を防止します。
(そば粉・そば茶)

○ カゼインペプチド・・・低下した血管内皮機能を改善し、血圧降下作用があり、高血圧を予防します。
(牛乳・乳製品)

○ 大豆サポニン・・・過酸化脂質の増加を抑制し、高血圧を改善します。
(大豆・納豆・豆乳・豆腐・おから)

○ カテキン・・・血中脂質を正常にして、高血圧を予防・改善します。
(煎茶・番茶・ほうじ茶)

○ 食物繊維・・・血圧の上昇を防ぎ、高血圧を予防、改善します。
(干し柿・ライ麦粉・豆類・乾物・アーモンド・オートミール・アマランサス・栗・ごぼう・あずき・大根・モロヘイヤ・あしたば・ブロッコリー)

○ タウリン・・・血圧を正常に保ち、食塩由来の高血圧を改善します。
(さざえ・とこぶし・帆立貝・まぐろ・たこ・かに・いか・あさり・さば)

○ メチオニン・・・血管を拡張させ、高血圧を予防します。
(牛乳・レバー・全粒小麦)

○ β―カロテン・・・過酸化脂質を防ぎ、高血圧を予防します。
(モロヘイヤ・パセリ・にんじん・春菊・小松菜・にら・サニーレタス・かぼちゃ・ブロッコリー・赤ピーマン)

○ EPA・DHA・・・血中脂肪濃度が高くなるのを防ぎ、血流を良くして高血圧を予防、改善します。
(さば・はまち・きんき・いわし・うなぎ・さんま・鯛・ぶり・まぐろ・にしん・さわら・さけ・すじこ・はたはた・ます・はも・あなご)

○ リノール酸・・・血中コレステロール値を下げ、高血圧を予防、改善します。
(サフラワー油・ひまわり油・綿実油・大豆油・コーン油)

○オレイン酸・・・血中コレステロール値を下げ高血圧を予防、改善します。
(ひまわり油・紅花油・オリーブ油・キャノラー油)

植物性、動物性のたんぱく質をバランス良く摂り、脂肪分は植物油や青背の魚を過剰にならないように摂ります。カリウム、カルシウム、食物繊維は充分に摂ります。

☆ 年齢が高くなればなるほど、塩分や糖分を感じる味覚の機能も鈍感になります。料理にレモンやお酢を上手に使って、減塩するといいですねっ(^^)
スポンサーサイト

高血圧症に良い食べ物

血液は、心臓から送り出されて血管を通り、末梢細胞に運ばれます。このとき「動脈の壁にかかる圧力」が、必要以上に強い場合を『高血圧』といいます。

=塩分と血圧の関係=

人間の細胞には「カリウム」と「ナトリウム」のミネラル濃度を調整する機能があります。塩分が細胞内にたくさん入ると細胞は、それを排出しようとします。

塩分の摂りすぎが高血圧に結びつくのは、この「ナトリウム調節機能の酷使」にあるのです。ナトリウム調節機能を酷使すれば、その機能も衰えナトリウムが排出しきれなくなります。

細胞にたまったナトリウムは水を引き寄せ、その影響で血管がむくみ、血が流れにくくなるのです。その結果、血圧が高くなります。

さらに、塩分自体、「筋肉や血管を収縮させる作用」があり、血管収縮を促進することで、同時に血圧も上がってしまいます。 

=血圧が高くなりやすい人=

「肥満」、「座っている時間の長い生活」、「ストレス」、「喫煙」、「アルコールの飲みすぎ」、「食事での塩分の取りすぎ」などは、高血圧症の誘引になります。ストレスは血圧を一時的に上昇させますが、ストレスがなくなると血圧はたいてい正常に戻ります。

<高血圧に効く栄養成分と食品>

○ カリウム・・・ナトリウムの排泄を促して血圧を正常に保ち、高血圧の人の血圧を下げる作用があります。

魚類・・・かつお・するめ・さわら・ふぐトマト・めかじき

豆類・・・大豆・納豆・いんげん豆・枝豆

いも類・・・さといも・やまといも・さつまいも・

野菜・果物類・・・アボカド・切干大根・干し柿・ほうれん草・干しあんず・バナナ・・メロン・

藻類・・・昆布・干しひじき

○ マグネシウム・・・血圧を正常に保ち、高血圧を予防します。
(アマランサス・アーモンド・するめ・種実類・大豆製品・乾物・藻類・玄米・干しえび・かき・とうもろこし・かつお・いわし・あおのり)

○ カルシウム・・・血流を良くして高血圧を予防します。
(乳製品・乾物・藻類・種実類・大豆製品・豆類・緑色の野菜)

○ ルチン・・・血圧を上昇させる働きを弱め高血圧を防止します。
(そば粉・そば茶)

○ カゼインペプチド・・・低下した血管内皮機能を改善し、血圧降下作用があり、高血圧を予防します。
(牛乳・乳製品)

○ 大豆サポニン・・・過酸化脂質の増加を抑制し、高血圧を改善します。
(大豆・納豆・豆乳・豆腐・おから)

○ カテキン・・・血中脂質を正常にして、高血圧を予防・改善します。
(煎茶・番茶・ほうじ茶)

○ 食物繊維・・・血圧の上昇を防ぎ、高血圧を予防、改善します。
(干し柿・ライ麦粉・豆類・乾物・アーモンド・オートミール・アマランサス・栗・ごぼう・あずき・大根・モロヘイヤ・あしたば・ブロッコリー)

○ タウリン・・・血圧を正常に保ち、食塩由来の高血圧を改善します。
(さざえ・とこぶし・帆立貝・まぐろ・たこ・かに・いか・あさり・さば)

○ メチオニン・・・血管を拡張させ、高血圧を予防します。
(牛乳・レバー・全粒小麦)

○ β―カロテン・・・過酸化脂質を防ぎ、高血圧を予防します。
(モロヘイヤ・パセリ・にんじん・春菊・小松菜・にら・サニーレタス・かぼちゃ・ブロッコリー・赤ピーマン)

○ EPA・DHA・・・血中脂肪濃度が高くなるのを防ぎ、血流を良くして高血圧を予防、改善します。
(さば・はまち・きんき・いわし・うなぎ・さんま・鯛・ぶり・まぐろ・にしん・さわら・さけ・すじこ・はたはた・ます・はも・あなご)

○ リノール酸・・・血中コレステロール値を下げ、高血圧を予防、改善します。
(サフラワー油・ひまわり油・綿実油・大豆油・コーン油)

○オレイン酸・・・血中コレステロール値を下げ高血圧を予防、改善します。
(ひまわり油・紅花油・オリーブ油・キャノラー油)

植物性、動物性のたんぱく質をバランス良く摂り、脂肪分は植物油や青背の魚を過剰にならないように摂ります。カリウム、カルシウム、食物繊維は充分に摂ります。

☆ 年齢が高くなればなるほど、塩分や糖分を感じる味覚の機能も鈍感になります。料理にレモンやお酢を上手に使って、減塩するといいですねっ(^^)

高血圧症に良い食べ物

血液は、心臓から送り出されて血管を通り、末梢細胞に運ばれます。このとき「動脈の壁にかかる圧力」が、必要以上に強い場合を『高血圧』といいます。

=塩分と血圧の関係=

人間の細胞には「カリウム」と「ナトリウム」のミネラル濃度を調整する機能があります。塩分が細胞内にたくさん入ると細胞は、それを排出しようとします。

塩分の摂りすぎが高血圧に結びつくのは、この「ナトリウム調節機能の酷使」にあるのです。ナトリウム調節機能を酷使すれば、その機能も衰えナトリウムが排出しきれなくなります。

細胞にたまったナトリウムは水を引き寄せ、その影響で血管がむくみ、血が流れにくくなるのです。その結果、血圧が高くなります。

さらに、塩分自体、「筋肉や血管を収縮させる作用」があり、血管収縮を促進することで、同時に血圧も上がってしまいます。 

=血圧が高くなりやすい人=

「肥満」、「座っている時間の長い生活」、「ストレス」、「喫煙」、「アルコールの飲みすぎ」、「食事での塩分の取りすぎ」などは、高血圧症の誘引になります。ストレスは血圧を一時的に上昇させますが、ストレスがなくなると血圧はたいてい正常に戻ります。

<高血圧に効く栄養成分と食品>

○ カリウム・・・ナトリウムの排泄を促して血圧を正常に保ち、高血圧の人の血圧を下げる作用があります。

魚類・・・かつお・するめ・さわら・ふぐトマト・めかじき

豆類・・・大豆・納豆・いんげん豆・枝豆

いも類・・・さといも・やまといも・さつまいも・

野菜・果物類・・・アボカド・切干大根・干し柿・ほうれん草・干しあんず・バナナ・・メロン・

藻類・・・昆布・干しひじき

○ マグネシウム・・・血圧を正常に保ち、高血圧を予防します。
(アマランサス・アーモンド・するめ・種実類・大豆製品・乾物・藻類・玄米・干しえび・かき・とうもろこし・かつお・いわし・あおのり)

○ カルシウム・・・血流を良くして高血圧を予防します。
(乳製品・乾物・藻類・種実類・大豆製品・豆類・緑色の野菜)

○ ルチン・・・血圧を上昇させる働きを弱め高血圧を防止します。
(そば粉・そば茶)

○ カゼインペプチド・・・低下した血管内皮機能を改善し、血圧降下作用があり、高血圧を予防します。
(牛乳・乳製品)

○ 大豆サポニン・・・過酸化脂質の増加を抑制し、高血圧を改善します。
(大豆・納豆・豆乳・豆腐・おから)

○ カテキン・・・血中脂質を正常にして、高血圧を予防・改善します。
(煎茶・番茶・ほうじ茶)

○ 食物繊維・・・血圧の上昇を防ぎ、高血圧を予防、改善します。
(干し柿・ライ麦粉・豆類・乾物・アーモンド・オートミール・アマランサス・栗・ごぼう・あずき・大根・モロヘイヤ・あしたば・ブロッコリー)

○ タウリン・・・血圧を正常に保ち、食塩由来の高血圧を改善します。
(さざえ・とこぶし・帆立貝・まぐろ・たこ・かに・いか・あさり・さば)

○ メチオニン・・・血管を拡張させ、高血圧を予防します。
(牛乳・レバー・全粒小麦)

○ β―カロテン・・・過酸化脂質を防ぎ、高血圧を予防します。
(モロヘイヤ・パセリ・にんじん・春菊・小松菜・にら・サニーレタス・かぼちゃ・ブロッコリー・赤ピーマン)

○ EPA・DHA・・・血中脂肪濃度が高くなるのを防ぎ、血流を良くして高血圧を予防、改善します。
(さば・はまち・きんき・いわし・うなぎ・さんま・鯛・ぶり・まぐろ・にしん・さわら・さけ・すじこ・はたはた・ます・はも・あなご)

○ リノール酸・・・血中コレステロール値を下げ、高血圧を予防、改善します。
(サフラワー油・ひまわり油・綿実油・大豆油・コーン油)

○オレイン酸・・・血中コレステロール値を下げ高血圧を予防、改善します。
(ひまわり油・紅花油・オリーブ油・キャノラー油)

植物性、動物性のたんぱく質をバランス良く摂り、脂肪分は植物油や青背の魚を過剰にならないように摂ります。カリウム、カルシウム、食物繊維は充分に摂ります。

☆ 年齢が高くなればなるほど、塩分や糖分を感じる味覚の機能も鈍感になります。料理にレモンやお酢を上手に使って、減塩するといいですねっ(^^)

高血圧症に良い食べ物

血液は、心臓から送り出されて血管を通り、末梢細胞に運ばれます。このとき「動脈の壁にかかる圧力」が、必要以上に強い場合を『高血圧』といいます。

=塩分と血圧の関係=

人間の細胞には「カリウム」と「ナトリウム」のミネラル濃度を調整する機能があります。塩分が細胞内にたくさん入ると細胞は、それを排出しようとします。

塩分の摂りすぎが高血圧に結びつくのは、この「ナトリウム調節機能の酷使」にあるのです。ナトリウム調節機能を酷使すれば、その機能も衰えナトリウムが排出しきれなくなります。

細胞にたまったナトリウムは水を引き寄せ、その影響で血管がむくみ、血が流れにくくなるのです。その結果、血圧が高くなります。

さらに、塩分自体、「筋肉や血管を収縮させる作用」があり、血管収縮を促進することで、同時に血圧も上がってしまいます。 

=血圧が高くなりやすい人=

「肥満」、「座っている時間の長い生活」、「ストレス」、「喫煙」、「アルコールの飲みすぎ」、「食事での塩分の取りすぎ」などは、高血圧症の誘引になります。ストレスは血圧を一時的に上昇させますが、ストレスがなくなると血圧はたいてい正常に戻ります。

<高血圧に効く栄養成分と食品>

○ カリウム・・・ナトリウムの排泄を促して血圧を正常に保ち、高血圧の人の血圧を下げる作用があります。

魚類・・・かつお・するめ・さわら・ふぐトマト・めかじき

豆類・・・大豆・納豆・いんげん豆・枝豆

いも類・・・さといも・やまといも・さつまいも・

野菜・果物類・・・アボカド・切干大根・干し柿・ほうれん草・干しあんず・バナナ・・メロン・

藻類・・・昆布・干しひじき

○ マグネシウム・・・血圧を正常に保ち、高血圧を予防します。
(アマランサス・アーモンド・するめ・種実類・大豆製品・乾物・藻類・玄米・干しえび・かき・とうもろこし・かつお・いわし・あおのり)

○ カルシウム・・・血流を良くして高血圧を予防します。
(乳製品・乾物・藻類・種実類・大豆製品・豆類・緑色の野菜)

○ ルチン・・・血圧を上昇させる働きを弱め高血圧を防止します。
(そば粉・そば茶)

○ カゼインペプチド・・・低下した血管内皮機能を改善し、血圧降下作用があり、高血圧を予防します。
(牛乳・乳製品)

○ 大豆サポニン・・・過酸化脂質の増加を抑制し、高血圧を改善します。
(大豆・納豆・豆乳・豆腐・おから)

○ カテキン・・・血中脂質を正常にして、高血圧を予防・改善します。
(煎茶・番茶・ほうじ茶)

○ 食物繊維・・・血圧の上昇を防ぎ、高血圧を予防、改善します。
(干し柿・ライ麦粉・豆類・乾物・アーモンド・オートミール・アマランサス・栗・ごぼう・あずき・大根・モロヘイヤ・あしたば・ブロッコリー)

○ タウリン・・・血圧を正常に保ち、食塩由来の高血圧を改善します。
(さざえ・とこぶし・帆立貝・まぐろ・たこ・かに・いか・あさり・さば)

○ メチオニン・・・血管を拡張させ、高血圧を予防します。
(牛乳・レバー・全粒小麦)

○ β―カロテン・・・過酸化脂質を防ぎ、高血圧を予防します。
(モロヘイヤ・パセリ・にんじん・春菊・小松菜・にら・サニーレタス・かぼちゃ・ブロッコリー・赤ピーマン)

○ EPA・DHA・・・血中脂肪濃度が高くなるのを防ぎ、血流を良くして高血圧を予防、改善します。
(さば・はまち・きんき・いわし・うなぎ・さんま・鯛・ぶり・まぐろ・にしん・さわら・さけ・すじこ・はたはた・ます・はも・あなご)

○ リノール酸・・・血中コレステロール値を下げ、高血圧を予防、改善します。
(サフラワー油・ひまわり油・綿実油・大豆油・コーン油)

○オレイン酸・・・血中コレステロール値を下げ高血圧を予防、改善します。
(ひまわり油・紅花油・オリーブ油・キャノラー油)

植物性、動物性のたんぱく質をバランス良く摂り、脂肪分は植物油や青背の魚を過剰にならないように摂ります。カリウム、カルシウム、食物繊維は充分に摂ります。

☆ 年齢が高くなればなるほど、塩分や糖分を感じる味覚の機能も鈍感になります。料理にレモンやお酢を上手に使って、減塩するといいですねっ(^^)

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。