プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高血圧の話 2

塩と高血圧

塩分の取りすぎが血圧に良くないとの話を聞かれたことがありますか?

塩分摂取が多いとその塩分濃度を下げる為血液のボリュームが増え、血圧が上がるといった単純明快な理論に世界中の医師・科学者はころりとだまされました。私も中学生の頃理科の教科書で読んだ記憶があります。

今から10年程前にサイエンスという有名な科学雑誌で“塩と高血圧は関係があるか?”との記事が掲載されました。

この雑誌は医学のことのみならず科学全般の事が掲載されており、ネイチャーと並ぶ有名な雑誌でここで取り上げられると言う事は科学者にとって名誉な事です。

一流誌の素晴らしい所は関係ある派と関係ない派の両者の意見を並列して掲載した事です。

判断は読者に任せると言ったものでしたが、結果は関係ない派の完勝でした。

以後食塩感受性高血圧という言葉が誕生しました。

基本的に塩と高血圧は関係はないが、中に少数であるが塩分摂取により血圧が上昇する患者がおり、それらの病名を食塩感受性高血圧としたためです。

私の義兄などまずい減塩食で大いに悩んでいましたが無駄な努力をしていたということで、以後美味しい食事にありつけるようになったといっていました。

高血圧と塩は多くの場合関係がありませんが、塩分摂取が多いと胃癌などの原因となるなど別の問題が生じます。

塩分を取りすぎの日本人にとって、塩分制限は体には良い事であるといったところが医学の難しい所です。
スポンサーサイト

高血圧の話 2

塩と高血圧

塩分の取りすぎが血圧に良くないとの話を聞かれたことがありますか?

塩分摂取が多いとその塩分濃度を下げる為血液のボリュームが増え、血圧が上がるといった単純明快な理論に世界中の医師・科学者はころりとだまされました。私も中学生の頃理科の教科書で読んだ記憶があります。

今から10年程前にサイエンスという有名な科学雑誌で“塩と高血圧は関係があるか?”との記事が掲載されました。

この雑誌は医学のことのみならず科学全般の事が掲載されており、ネイチャーと並ぶ有名な雑誌でここで取り上げられると言う事は科学者にとって名誉な事です。

一流誌の素晴らしい所は関係ある派と関係ない派の両者の意見を並列して掲載した事です。

判断は読者に任せると言ったものでしたが、結果は関係ない派の完勝でした。

以後食塩感受性高血圧という言葉が誕生しました。

基本的に塩と高血圧は関係はないが、中に少数であるが塩分摂取により血圧が上昇する患者がおり、それらの病名を食塩感受性高血圧としたためです。

私の義兄などまずい減塩食で大いに悩んでいましたが無駄な努力をしていたということで、以後美味しい食事にありつけるようになったといっていました。

高血圧と塩は多くの場合関係がありませんが、塩分摂取が多いと胃癌などの原因となるなど別の問題が生じます。

塩分を取りすぎの日本人にとって、塩分制限は体には良い事であるといったところが医学の難しい所です。

高血圧の話 2

塩と高血圧

塩分の取りすぎが血圧に良くないとの話を聞かれたことがありますか?

塩分摂取が多いとその塩分濃度を下げる為血液のボリュームが増え、血圧が上がるといった単純明快な理論に世界中の医師・科学者はころりとだまされました。私も中学生の頃理科の教科書で読んだ記憶があります。

今から10年程前にサイエンスという有名な科学雑誌で“塩と高血圧は関係があるか?”との記事が掲載されました。

この雑誌は医学のことのみならず科学全般の事が掲載されており、ネイチャーと並ぶ有名な雑誌でここで取り上げられると言う事は科学者にとって名誉な事です。

一流誌の素晴らしい所は関係ある派と関係ない派の両者の意見を並列して掲載した事です。

判断は読者に任せると言ったものでしたが、結果は関係ない派の完勝でした。

以後食塩感受性高血圧という言葉が誕生しました。

基本的に塩と高血圧は関係はないが、中に少数であるが塩分摂取により血圧が上昇する患者がおり、それらの病名を食塩感受性高血圧としたためです。

私の義兄などまずい減塩食で大いに悩んでいましたが無駄な努力をしていたということで、以後美味しい食事にありつけるようになったといっていました。

高血圧と塩は多くの場合関係がありませんが、塩分摂取が多いと胃癌などの原因となるなど別の問題が生じます。

塩分を取りすぎの日本人にとって、塩分制限は体には良い事であるといったところが医学の難しい所です。

高血圧の話 2

塩と高血圧

塩分の取りすぎが血圧に良くないとの話を聞かれたことがありますか?

塩分摂取が多いとその塩分濃度を下げる為血液のボリュームが増え、血圧が上がるといった単純明快な理論に世界中の医師・科学者はころりとだまされました。私も中学生の頃理科の教科書で読んだ記憶があります。

今から10年程前にサイエンスという有名な科学雑誌で“塩と高血圧は関係があるか?”との記事が掲載されました。

この雑誌は医学のことのみならず科学全般の事が掲載されており、ネイチャーと並ぶ有名な雑誌でここで取り上げられると言う事は科学者にとって名誉な事です。

一流誌の素晴らしい所は関係ある派と関係ない派の両者の意見を並列して掲載した事です。

判断は読者に任せると言ったものでしたが、結果は関係ない派の完勝でした。

以後食塩感受性高血圧という言葉が誕生しました。

基本的に塩と高血圧は関係はないが、中に少数であるが塩分摂取により血圧が上昇する患者がおり、それらの病名を食塩感受性高血圧としたためです。

私の義兄などまずい減塩食で大いに悩んでいましたが無駄な努力をしていたということで、以後美味しい食事にありつけるようになったといっていました。

高血圧と塩は多くの場合関係がありませんが、塩分摂取が多いと胃癌などの原因となるなど別の問題が生じます。

塩分を取りすぎの日本人にとって、塩分制限は体には良い事であるといったところが医学の難しい所です。

高血圧の話 1

高血圧症は最もポピューラーな病気
高血圧は国内に2000~3000万人の患者がいると推定されています。

高血圧患者は何の自覚症状も無く、冬の寒い日など普通の人よりも早く活動に移れます。
理由は高血圧患者は車に例えると年中暖気している常態のためです。(最近の車は昔と違って暖気運転などしなくともスムースに走れますが)
これに比べて低血圧の方は寒い日の朝は朝はなかなか起きる事が出来ません。

何故高血圧を治療しなければならないかというと、ご存知のように、高血圧では動脈に常に通常より高い圧力が長年かかっていると、脳の血管などが破れて大変な事になるのを防ぐ為です。
又、血圧が高い状態が長く続くと腎臓の機能が低下し、腎機能が低下すると更に血圧が上がるという悪循環になり、降圧がこれを防止する為もあります。

血圧のコントロール
1970年代頃までの日本人の死因の第1位は脳卒中でした。脳卒中には脳出血、くも膜下出血と脳梗塞があり、我々の子供時代は脳出血等で亡くなるかたが、随分いました。

これは長い間高い血圧がかかった脳の血管がある日突如として切れ、出血部位が広いと死亡、狭い場合でも半身不随などの後遺症が残りました。

70年代以降、各種降圧剤が開発され、血圧がコントロールされるに従い、脳出血等は劇的に少なくなりました。

医療関係者から言わせると、これは薬の発達の為の恩恵と言いたい所ですが、実は薬は第2番目の要因で、第1の理由はこの時代以降食生活が豊かになったからと考えられています。

細胞壁はコレステロールで出来ており、肉や脂肪の摂取量が増えた為、血管壁が強化されたからなのです。

現代は飽食の時代で、このコレステロールの取りすぎで血管が詰まる脳梗塞患者が増えています。

過ぎたるは及ばざるが如しですね!

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。