プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心と体の関係

人間の体って不思議です。眠っていても何かを考えているのか、明日何時に起きようと思うと、ちゃんとその時間前後に目が覚めるから不思議です。
自分の顔を鏡で見て、好きなヘアースタイル、好きな洋服を着て、自分のイメージに納得するのは、自分を好きだからなのでしょうね。多少気に入らない所があっても、何とかカバーして気に入ったように自然のかたちで(特に考えているわけではなくて)自分を管理しています。

人間の体ってとても賢くできています。足りない栄養はほんの少し食べただけでも吸収されます。体に足りない成分は、自然に食べたくなるから不思議です。でも嫌いなものを我慢して食べると、身に付きにくいともいわれます。それは嫌いなものを食べると胃は、自律神経の関係で(拒否反応を起こして)消化酵素をあまり出さなくなるからでしょう。

栄養不足は、一番先に「心」に影響を受けます。脳は体に栄養が足りないと感じると(危機を感じて)ブドウ糖を自分だけ確保しようと、他の臓器にいかないようにブロックしてしまいます。その時に副腎からストレスホルモンであるアドレナリンが大量に出てイライラします。お腹空くとイライラするのも、この為なのです。

脳はエゴイズムになると、他の臓器に栄養が行かない為、機能が円滑に働かなくなるけど、肝臓(解毒作用だけではありません)に蓄えられていた栄養がそれを補います。肝臓は沈黙の臓器なんて言われていて黙々と働いていますが、とてもデリケートで心と密接に繋がっているのですね

普段、言いたい事を言わないで、心でじっと我慢した生活をしている人に心臓病が多いと聞きます。よく、苦しくて(悔しくて)胸が張り裂けそうになるって言いますね。あれは不満が爆発寸前のような表現ですが、我慢すると、血圧が上がって、心臓がドキドキして、正常な刺激伝導系を妨げるからでしょう。いずれにしても、動悸がすると言うことは、心臓に負担をかける事ですからね。

何かに夢中になっている時って、心が無になっている状態で、その時は痛みも暑さも寒さも空腹感も、喜びも悲しみも苦しみも全て忘れている状態です。心と体が一体になった状態は、まさに心身一如ですね

その時が人間、一番幸せなのではないでしょうか?
スポンサーサイト

心と体の関係

人間の体って不思議です。眠っていても何かを考えているのか、明日何時に起きようと思うと、ちゃんとその時間前後に目が覚めるから不思議です。
自分の顔を鏡で見て、好きなヘアースタイル、好きな洋服を着て、自分のイメージに納得するのは、自分を好きだからなのでしょうね。多少気に入らない所があっても、何とかカバーして気に入ったように自然のかたちで(特に考えているわけではなくて)自分を管理しています。

人間の体ってとても賢くできています。足りない栄養はほんの少し食べただけでも吸収されます。体に足りない成分は、自然に食べたくなるから不思議です。でも嫌いなものを我慢して食べると、身に付きにくいともいわれます。それは嫌いなものを食べると胃は、自律神経の関係で(拒否反応を起こして)消化酵素をあまり出さなくなるからでしょう。

栄養不足は、一番先に「心」に影響を受けます。脳は体に栄養が足りないと感じると(危機を感じて)ブドウ糖を自分だけ確保しようと、他の臓器にいかないようにブロックしてしまいます。その時に副腎からストレスホルモンであるアドレナリンが大量に出てイライラします。お腹空くとイライラするのも、この為なのです。

脳はエゴイズムになると、他の臓器に栄養が行かない為、機能が円滑に働かなくなるけど、肝臓(解毒作用だけではありません)に蓄えられていた栄養がそれを補います。肝臓は沈黙の臓器なんて言われていて黙々と働いていますが、とてもデリケートで心と密接に繋がっているのですね

普段、言いたい事を言わないで、心でじっと我慢した生活をしている人に心臓病が多いと聞きます。よく、苦しくて(悔しくて)胸が張り裂けそうになるって言いますね。あれは不満が爆発寸前のような表現ですが、我慢すると、血圧が上がって、心臓がドキドキして、正常な刺激伝導系を妨げるからでしょう。いずれにしても、動悸がすると言うことは、心臓に負担をかける事ですからね。

何かに夢中になっている時って、心が無になっている状態で、その時は痛みも暑さも寒さも空腹感も、喜びも悲しみも苦しみも全て忘れている状態です。心と体が一体になった状態は、まさに心身一如ですね

その時が人間、一番幸せなのではないでしょうか?

心と体の関係

人間の体って不思議です。眠っていても何かを考えているのか、明日何時に起きようと思うと、ちゃんとその時間前後に目が覚めるから不思議です。
自分の顔を鏡で見て、好きなヘアースタイル、好きな洋服を着て、自分のイメージに納得するのは、自分を好きだからなのでしょうね。多少気に入らない所があっても、何とかカバーして気に入ったように自然のかたちで(特に考えているわけではなくて)自分を管理しています。

人間の体ってとても賢くできています。足りない栄養はほんの少し食べただけでも吸収されます。体に足りない成分は、自然に食べたくなるから不思議です。でも嫌いなものを我慢して食べると、身に付きにくいともいわれます。それは嫌いなものを食べると胃は、自律神経の関係で(拒否反応を起こして)消化酵素をあまり出さなくなるからでしょう。

栄養不足は、一番先に「心」に影響を受けます。脳は体に栄養が足りないと感じると(危機を感じて)ブドウ糖を自分だけ確保しようと、他の臓器にいかないようにブロックしてしまいます。その時に副腎からストレスホルモンであるアドレナリンが大量に出てイライラします。お腹空くとイライラするのも、この為なのです。

脳はエゴイズムになると、他の臓器に栄養が行かない為、機能が円滑に働かなくなるけど、肝臓(解毒作用だけではありません)に蓄えられていた栄養がそれを補います。肝臓は沈黙の臓器なんて言われていて黙々と働いていますが、とてもデリケートで心と密接に繋がっているのですね

普段、言いたい事を言わないで、心でじっと我慢した生活をしている人に心臓病が多いと聞きます。よく、苦しくて(悔しくて)胸が張り裂けそうになるって言いますね。あれは不満が爆発寸前のような表現ですが、我慢すると、血圧が上がって、心臓がドキドキして、正常な刺激伝導系を妨げるからでしょう。いずれにしても、動悸がすると言うことは、心臓に負担をかける事ですからね。

何かに夢中になっている時って、心が無になっている状態で、その時は痛みも暑さも寒さも空腹感も、喜びも悲しみも苦しみも全て忘れている状態です。心と体が一体になった状態は、まさに心身一如ですね

その時が人間、一番幸せなのではないでしょうか?

心と体の関係

人間の体って不思議です。眠っていても何かを考えているのか、明日何時に起きようと思うと、ちゃんとその時間前後に目が覚めるから不思議です。
自分の顔を鏡で見て、好きなヘアースタイル、好きな洋服を着て、自分のイメージに納得するのは、自分を好きだからなのでしょうね。多少気に入らない所があっても、何とかカバーして気に入ったように自然のかたちで(特に考えているわけではなくて)自分を管理しています。

人間の体ってとても賢くできています。足りない栄養はほんの少し食べただけでも吸収されます。体に足りない成分は、自然に食べたくなるから不思議です。でも嫌いなものを我慢して食べると、身に付きにくいともいわれます。それは嫌いなものを食べると胃は、自律神経の関係で(拒否反応を起こして)消化酵素をあまり出さなくなるからでしょう。

栄養不足は、一番先に「心」に影響を受けます。脳は体に栄養が足りないと感じると(危機を感じて)ブドウ糖を自分だけ確保しようと、他の臓器にいかないようにブロックしてしまいます。その時に副腎からストレスホルモンであるアドレナリンが大量に出てイライラします。お腹空くとイライラするのも、この為なのです。

脳はエゴイズムになると、他の臓器に栄養が行かない為、機能が円滑に働かなくなるけど、肝臓(解毒作用だけではありません)に蓄えられていた栄養がそれを補います。肝臓は沈黙の臓器なんて言われていて黙々と働いていますが、とてもデリケートで心と密接に繋がっているのですね

普段、言いたい事を言わないで、心でじっと我慢した生活をしている人に心臓病が多いと聞きます。よく、苦しくて(悔しくて)胸が張り裂けそうになるって言いますね。あれは不満が爆発寸前のような表現ですが、我慢すると、血圧が上がって、心臓がドキドキして、正常な刺激伝導系を妨げるからでしょう。いずれにしても、動悸がすると言うことは、心臓に負担をかける事ですからね。

何かに夢中になっている時って、心が無になっている状態で、その時は痛みも暑さも寒さも空腹感も、喜びも悲しみも苦しみも全て忘れている状態です。心と体が一体になった状態は、まさに心身一如ですね

その時が人間、一番幸せなのではないでしょうか?

心に良い食べ物

心に良い栄養素は、「ビタミンB1」です。

ビタミンB1は、「消化と精神のビタミン」で、糖分を消化する時に、糖質の分解を助け、糖質をエネルギーに変えます。糖質は、さらに脳や神経の大切なエネルギー源でもあり、脳の中枢神経や手足の抹消神経の機能を正常に保つ働きをします。

少し専門的な話になりますが、ビタミンB1は、糖質がエネルギーに変わる時に酵素が働き、酵素が働く時には「補酵素」が必要なのです。ビタミンB1は、補酵素の働きをするのです。

つまり、ダイエットの為とかいって糖質を摂らないとイライラしたり、怒りっぽくなったりして、かえって逆効果です。適度な糖質と、それを分解するビタミンB1を摂る事が大切なのです。

< ビタミンB1を多く含む食品 >

肉類・・・豚肉
魚類・・・鰻・たらこ・紅さけ・子持ちかれい・ぶり・かつお・まぐろ・さば
豆類・・・大豆・そら豆・えんどう豆・いんげん豆・あずき
種実類・・・ブラジルナッツ・落花生・カシューナッツ・ピスタチオ
穀類・・・玄米・胚芽米・小麦胚芽
野菜類・・・枝豆・グリンピース
果実・・・オレンジ

< 不足すると >

脳・・・気分がふさぎ、集中力、協調性がなくなる
心臓・・・動悸、息切れ、心臓肥大
肝臓・腎臓・・・機能低下
胃・腸・・・食欲不振、吐き気・便秘
足・腰・・・脚気・の痺れ、腰痛、筋肉疲労
全身のだるさ

ビタミンB1不足で糖質が分解できないと、乳酸など疲労物質がたまって、疲れやすくなります。オフィスで午後居眠りしている人はきっと、ビタミンB不足かも知れませんね?

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。