プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日、米国ダウは、リーマンショック以前の株価を回復したらしい。
我が国でも、二日連続で高値を更新した様だ。

昔読んだ本に、
「投機と投資の違い」は「情熱と恋」に似ているとあったと記憶する。

その時は、何となく「本能に赴く侭<カッカしている>?」か
「理性を働かす<落ち着く>」かの違いと思っていた。

バブルの語源は、1720年南海泡沫(バブル)事件であるが、
政治家までが投機に走ったから、経済恐慌(バブル)が起ったらしい。

バブルは歴史的に、蘭(オランダ)でのチューリップバブル以降、
幾度も繰り返している。始めは、関連地域だけへの影響だったが、
1929年のロンドン発世界恐慌で世界規模のものになった。
記憶に新しいものでも、1980年日本発ITバブル等それなりの
不況を産み、立ち直ったが今後も続き、影響は甚大になって来ている。

現在の株式市場の活況を見れば、
今回のアメリカ発住宅バブルの影響は治まったか?に
見えるが、実態経済の回復は果たして本物なのだろうか?

現在時点でも、PIIGS(ポルトガル,イタリア,アイスランド,スペイン)の
経済破綻が懸念されているらしい。

政治家は、世論と自らの倫理観から納得できる
政策を決めなければならないが、歴史的にみれば、
そう簡単ではないらしい。

ケインズの恩師アルフレッド・マーシャル曰く、
「政治家が自らの意志で投機したら、投機に基づいて政策を決める」と!

正に、経済破綻が噂される?ギリシャのカストリ神殿近くの
中央市場広場に、
「人生は、全て投機、人は投機心を持って産まれる」とあるらしい。

不動産投資 ブログ
>>   不動産投資 福岡
>>   不動産投資 リバブル売却支援
>>   不動産投資 節税
>>   HOMES 不動産投資
>>   不動産投資 ローン
>>   不動産投資 失敗
>>   不動産投資 リスク
>>   不動産投資 フルローン
>>   不動産投資 利回り
>>   不動産投資 中国
>>   不動産投資 融資
>>   不動産投資 マンション
>>   不動産投資 キャッシュフロー
>>   不動産投資 関西
>>   サラリーマン 不動産投資
>>   不動産投資 本
>>   海外 不動産投資
>>   不動産投資 物件
>>   元アイドル 不動産投資
>>   不動産投資 アイドル
>>   不動産投資 兵庫
>>   不動産投資 神奈川
>>   東京 不動産投資
>>   リード 不動産投資
>>   ホームズ 不動産投資
>>   不動産投資 税金
>>   不動産投資 リバブル事業用
>>   不動産投資 リバブル相談
>>   不動産投資日本クリードニュース
>>   札幌 不動産投資
>>   不動産投資 アパート
>>   ドッとあーる 不動産投資
>>   不動産投資日本クリード公式サイト
>>   不動産投資会社
>>   不動産投資 ファンド
>>   不動産投資 収益物件
>>   日本クリード 不動産投資
>>   不動産投資 広島
>>   タイ 不動産投資
>>   不動産投資 リスト株式会社
>>   不動産投資顧問
>>   木村剛 不動産投資
>>   不動産投資 埼玉
>>   モルガンスタンレー 不動産投資
>>   不動産投資信託
>>   不動産投資 初心者
>>   山本モナ 不動産投資
>>   不動産投資 株投資
>>   不動産投資 ノウハウ
>>   不動産投資 講演会
>>   ドバイ 不動産投資
>>   不動産投資 5%
>>   不動産投資 メリット
>>   不動産投資 法人
スポンサーサイト

投資ローンの実態

平成5年に投資的にマンションを購入し節税対策にとして進められたとて、30年返済計画を立てた人は、現在においていまだに14年ローンが残っている計算である。とくに住宅金融公庫から借り入れた人の大半は、「ゆとり償還」として、返済額がその後増加した。住宅金融公庫にあっては、35年ローンが大半であり、悲惨な結果を生んだこととなっている。ダイア建設に至っては、居住用マンションのほかに投資用マンションを進めており、遠い地方のワンルームマンションを30年ローンでの購入を勧めたわけ。その結果、いまだに半分以上の債務を抱えており、1500万円のワンルームが50万円になっているにもかかわらず、600万円もの債務が残っているのが実情である。この結果、住宅ローンはすでに破綻しているにもかかわらず、日本自体が独特のリコースローンのため他の不動産の売却によって、返済するという異常事態を招いているのである。アメリカなどは、ノンリコースローンとなっていて、その物件のみを処分すればよいので、他の不動産に遡及してこない仕組みである。日本の場合悪辣であるから、処分が処分を呼び10分の1の価値になってしまったのである。リコースローンのため次々と売り出されたことによるものである。
 30年あるいは、35年ローンを背負っている人は、後残りの人生は、不動産の赤字補てんのための返済に明け暮れているのである。しかも、デフレが進行しているので、売却がままならないのである。
 現在の政治は、こうした国民の財産を奪いつつあり、何らの対策をも取ろうとしていない。容積率やけんぺい率を緩和して、それどころか、タワーマンションをドンドン建築し、さらに高額なローンを背負わせようとしているのである。新しい世代も、ローンの法整備をしないまま実行すれば、同じような騙され合いに遭遇することは明らかである。

投資ローンの実態

平成5年に投資的にマンションを購入し節税対策にとして進められたとて、30年返済計画を立てた人は、現在においていまだに14年ローンが残っている計算である。とくに住宅金融公庫から借り入れた人の大半は、「ゆとり償還」として、返済額がその後増加した。住宅金融公庫にあっては、35年ローンが大半であり、悲惨な結果を生んだこととなっている。ダイア建設に至っては、居住用マンションのほかに投資用マンションを進めており、遠い地方のワンルームマンションを30年ローンでの購入を勧めたわけ。その結果、いまだに半分以上の債務を抱えており、1500万円のワンルームが50万円になっているにもかかわらず、600万円もの債務が残っているのが実情である。この結果、住宅ローンはすでに破綻しているにもかかわらず、日本自体が独特のリコースローンのため他の不動産の売却によって、返済するという異常事態を招いているのである。アメリカなどは、ノンリコースローンとなっていて、その物件のみを処分すればよいので、他の不動産に遡及してこない仕組みである。日本の場合悪辣であるから、処分が処分を呼び10分の1の価値になってしまったのである。リコースローンのため次々と売り出されたことによるものである。
 30年あるいは、35年ローンを背負っている人は、後残りの人生は、不動産の赤字補てんのための返済に明け暮れているのである。しかも、デフレが進行しているので、売却がままならないのである。
 現在の政治は、こうした国民の財産を奪いつつあり、何らの対策をも取ろうとしていない。容積率やけんぺい率を緩和して、それどころか、タワーマンションをドンドン建築し、さらに高額なローンを背負わせようとしているのである。新しい世代も、ローンの法整備をしないまま実行すれば、同じような騙され合いに遭遇することは明らかである。

投資ローンの実態

平成5年に投資的にマンションを購入し節税対策にとして進められたとて、30年返済計画を立てた人は、現在においていまだに14年ローンが残っている計算である。とくに住宅金融公庫から借り入れた人の大半は、「ゆとり償還」として、返済額がその後増加した。住宅金融公庫にあっては、35年ローンが大半であり、悲惨な結果を生んだこととなっている。ダイア建設に至っては、居住用マンションのほかに投資用マンションを進めており、遠い地方のワンルームマンションを30年ローンでの購入を勧めたわけ。その結果、いまだに半分以上の債務を抱えており、1500万円のワンルームが50万円になっているにもかかわらず、600万円もの債務が残っているのが実情である。この結果、住宅ローンはすでに破綻しているにもかかわらず、日本自体が独特のリコースローンのため他の不動産の売却によって、返済するという異常事態を招いているのである。アメリカなどは、ノンリコースローンとなっていて、その物件のみを処分すればよいので、他の不動産に遡及してこない仕組みである。日本の場合悪辣であるから、処分が処分を呼び10分の1の価値になってしまったのである。リコースローンのため次々と売り出されたことによるものである。
 30年あるいは、35年ローンを背負っている人は、後残りの人生は、不動産の赤字補てんのための返済に明け暮れているのである。しかも、デフレが進行しているので、売却がままならないのである。
 現在の政治は、こうした国民の財産を奪いつつあり、何らの対策をも取ろうとしていない。容積率やけんぺい率を緩和して、それどころか、タワーマンションをドンドン建築し、さらに高額なローンを背負わせようとしているのである。新しい世代も、ローンの法整備をしないまま実行すれば、同じような騙され合いに遭遇することは明らかである。

投資ローンの実態

平成5年に投資的にマンションを購入し節税対策にとして進められたとて、30年返済計画を立てた人は、現在においていまだに14年ローンが残っている計算である。とくに住宅金融公庫から借り入れた人の大半は、「ゆとり償還」として、返済額がその後増加した。住宅金融公庫にあっては、35年ローンが大半であり、悲惨な結果を生んだこととなっている。ダイア建設に至っては、居住用マンションのほかに投資用マンションを進めており、遠い地方のワンルームマンションを30年ローンでの購入を勧めたわけ。その結果、いまだに半分以上の債務を抱えており、1500万円のワンルームが50万円になっているにもかかわらず、600万円もの債務が残っているのが実情である。この結果、住宅ローンはすでに破綻しているにもかかわらず、日本自体が独特のリコースローンのため他の不動産の売却によって、返済するという異常事態を招いているのである。アメリカなどは、ノンリコースローンとなっていて、その物件のみを処分すればよいので、他の不動産に遡及してこない仕組みである。日本の場合悪辣であるから、処分が処分を呼び10分の1の価値になってしまったのである。リコースローンのため次々と売り出されたことによるものである。
 30年あるいは、35年ローンを背負っている人は、後残りの人生は、不動産の赤字補てんのための返済に明け暮れているのである。しかも、デフレが進行しているので、売却がままならないのである。
 現在の政治は、こうした国民の財産を奪いつつあり、何らの対策をも取ろうとしていない。容積率やけんぺい率を緩和して、それどころか、タワーマンションをドンドン建築し、さらに高額なローンを背負わせようとしているのである。新しい世代も、ローンの法整備をしないまま実行すれば、同じような騙され合いに遭遇することは明らかである。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。