プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖質の話

糖質は、三大栄養素の一つである炭水化物の構成成分で、「炭素」・「水素」・「酸素」からできています。

1g当たり4kcalの血糖として体内を循環し、筋肉の運動や体温を維持し、これが病気に対する抵抗力や治癒力となります。

余った糖分は、グリコーゲンとして体内に貯蔵され、体力は蓄積されたグリコーゲンの量に比例します。

<糖質の種類と特徴>

○ 単糖類・・・ブドウ糖(ガラクトース)・果糖(フラクトース)・ガラクトース
肝臓でブドウ糖に変えられ吸収が早く、即エネルギーになります。

○ 二糖類・・・単糖が2個くっついたもの。麦芽糖(マルトース)・しょ糖(シュクロース)・乳糖
消化されずにそのまま小腸へ送られます。

○ 多糖類・・・セルロース・ヘミセルロース・ペクチン
胃液では消化されず、十二指腸へ送られます。

 糖質は、すべて最小単位の「単糖」に分解されてから吸収されます。単位の違いは、体内で分解される過程や体内に取り込まれる過程が違うだけで糖質としての働きは、人工甘味料以外は、エネルギー源になります。

=糖質が体脂肪になるメカニズム=

肝臓や筋肉は、過剰なブドウ糖をグリコーゲンに変えて貯蔵することができますが、グリコーゲンの貯蔵量には限界があり、余ったブドウ糖は「血糖」として脂肪組織に運ばれ脂肪に変えられて、「体脂肪」として蓄積されます。

余分なブドウ糖を体内にためない為に、ウオーキングのような有酸素運動が良いは、はじめの15分は筋肉のグリコーゲンが代謝され、ついでブドウ糖が代謝されるので、ブドウ糖が代謝される為にも運動する場合、20分以上持続する必要があるのです。

注意: 果糖は中性脂肪に変えられて体内に貯蔵されます。その為ブドウ糖よりも体内で脂肪に変わりやすいので摂り過ぎに注意します。

ブドウ糖は体のエネルギーを使って吸収されますが、果糖はエネルギー消費なしに簡単に筋肉や脂肪に取り込む事ができます。しかも中性脂肪と結びつきやすい因子を持っています。その為、中性脂肪に変わりやすいのです。

=甘い物が欲しくなるメカニズム=

疲れると甘い物が欲しくなるのは、脳がエネルギー不足を感じて、副交感神経が優位になって体がリラックスを求めている状態です。

しかし疲れてもいないのに甘いものが欲しくなるのは、甘いものをとり続けている習慣によって、副交感神経が常に優位になっていて脳は、糖分を摂ってさらにリラックスを求めようとします。

しかし糖分としてのリラックス効果の持続時間は短く、すぐにまた甘いものが欲しくなってしまいます。疲れたときにちょっと食べるのはいいのですが、甘いものを食べ続けていると、糖分がないとリラックスできないようになってしまうのです。

=糖質が不足すると=

脳・神経系・赤血球・筋肉は、ブドウ糖のみをエネルギー源とするので、血糖値が下がると数分で機能を失います。

数時間は肝臓のグリコーゲンが分解されて血中にブドウ糖が供給され、数日間何も食べなくても脳や筋肉は働きます。

これはアミノ酸などの糖以外の栄養素からブドウ糖が合成される為です。ただしダイエットなどで糖質を減らしたい場合は、1日の摂取量は100g以下にしない事が大切です。

<糖質を分解する栄養素と食品>

○ ビタミンB群・・・ビタミンB1・B2・B6・B12
(肉類・魚類・豆類・種実類・玉子・乳製品・玄米・胚芽米・小麦胚芽・オレンジ・サツマイモ)

○ ナイアシン・・・(肉類・魚介類・落花生・玄米・まいたけ)

○ パントテン酸・・・(納豆・アボカド・さつまいも・モロヘイヤ・干ししいたけ)
○ ビオチン・・・(レバー・いわし・落花生・玉子・くるみ・きな粉・かき・にしん)

☆ せっかく糖分を分解する栄養を摂っても、それを処理する機能が衰えていてはいけませんよね。

お酢は、インシュリンの分泌を良くしてくれるし、燃焼しきれないブドウ糖を分解してくれます。

チョコをたくさん貰っても、気をつけましょうねっ“ 甘い誘惑 ” (^^)
スポンサーサイト

糖質の話

糖質は、三大栄養素の一つである炭水化物の構成成分で、「炭素」・「水素」・「酸素」からできています。

1g当たり4kcalの血糖として体内を循環し、筋肉の運動や体温を維持し、これが病気に対する抵抗力や治癒力となります。

余った糖分は、グリコーゲンとして体内に貯蔵され、体力は蓄積されたグリコーゲンの量に比例します。

<糖質の種類と特徴>

○ 単糖類・・・ブドウ糖(ガラクトース)・果糖(フラクトース)・ガラクトース
肝臓でブドウ糖に変えられ吸収が早く、即エネルギーになります。

○ 二糖類・・・単糖が2個くっついたもの。麦芽糖(マルトース)・しょ糖(シュクロース)・乳糖
消化されずにそのまま小腸へ送られます。

○ 多糖類・・・セルロース・ヘミセルロース・ペクチン
胃液では消化されず、十二指腸へ送られます。

 糖質は、すべて最小単位の「単糖」に分解されてから吸収されます。単位の違いは、体内で分解される過程や体内に取り込まれる過程が違うだけで糖質としての働きは、人工甘味料以外は、エネルギー源になります。

=糖質が体脂肪になるメカニズム=

肝臓や筋肉は、過剰なブドウ糖をグリコーゲンに変えて貯蔵することができますが、グリコーゲンの貯蔵量には限界があり、余ったブドウ糖は「血糖」として脂肪組織に運ばれ脂肪に変えられて、「体脂肪」として蓄積されます。

余分なブドウ糖を体内にためない為に、ウオーキングのような有酸素運動が良いは、はじめの15分は筋肉のグリコーゲンが代謝され、ついでブドウ糖が代謝されるので、ブドウ糖が代謝される為にも運動する場合、20分以上持続する必要があるのです。

注意: 果糖は中性脂肪に変えられて体内に貯蔵されます。その為ブドウ糖よりも体内で脂肪に変わりやすいので摂り過ぎに注意します。

ブドウ糖は体のエネルギーを使って吸収されますが、果糖はエネルギー消費なしに簡単に筋肉や脂肪に取り込む事ができます。しかも中性脂肪と結びつきやすい因子を持っています。その為、中性脂肪に変わりやすいのです。

=甘い物が欲しくなるメカニズム=

疲れると甘い物が欲しくなるのは、脳がエネルギー不足を感じて、副交感神経が優位になって体がリラックスを求めている状態です。

しかし疲れてもいないのに甘いものが欲しくなるのは、甘いものをとり続けている習慣によって、副交感神経が常に優位になっていて脳は、糖分を摂ってさらにリラックスを求めようとします。

しかし糖分としてのリラックス効果の持続時間は短く、すぐにまた甘いものが欲しくなってしまいます。疲れたときにちょっと食べるのはいいのですが、甘いものを食べ続けていると、糖分がないとリラックスできないようになってしまうのです。

=糖質が不足すると=

脳・神経系・赤血球・筋肉は、ブドウ糖のみをエネルギー源とするので、血糖値が下がると数分で機能を失います。

数時間は肝臓のグリコーゲンが分解されて血中にブドウ糖が供給され、数日間何も食べなくても脳や筋肉は働きます。

これはアミノ酸などの糖以外の栄養素からブドウ糖が合成される為です。ただしダイエットなどで糖質を減らしたい場合は、1日の摂取量は100g以下にしない事が大切です。

<糖質を分解する栄養素と食品>

○ ビタミンB群・・・ビタミンB1・B2・B6・B12
(肉類・魚類・豆類・種実類・玉子・乳製品・玄米・胚芽米・小麦胚芽・オレンジ・サツマイモ)

○ ナイアシン・・・(肉類・魚介類・落花生・玄米・まいたけ)

○ パントテン酸・・・(納豆・アボカド・さつまいも・モロヘイヤ・干ししいたけ)
○ ビオチン・・・(レバー・いわし・落花生・玉子・くるみ・きな粉・かき・にしん)

☆ せっかく糖分を分解する栄養を摂っても、それを処理する機能が衰えていてはいけませんよね。

お酢は、インシュリンの分泌を良くしてくれるし、燃焼しきれないブドウ糖を分解してくれます。

チョコをたくさん貰っても、気をつけましょうねっ“ 甘い誘惑 ” (^^)

糖質の話

糖質は、三大栄養素の一つである炭水化物の構成成分で、「炭素」・「水素」・「酸素」からできています。

1g当たり4kcalの血糖として体内を循環し、筋肉の運動や体温を維持し、これが病気に対する抵抗力や治癒力となります。

余った糖分は、グリコーゲンとして体内に貯蔵され、体力は蓄積されたグリコーゲンの量に比例します。

<糖質の種類と特徴>

○ 単糖類・・・ブドウ糖(ガラクトース)・果糖(フラクトース)・ガラクトース
肝臓でブドウ糖に変えられ吸収が早く、即エネルギーになります。

○ 二糖類・・・単糖が2個くっついたもの。麦芽糖(マルトース)・しょ糖(シュクロース)・乳糖
消化されずにそのまま小腸へ送られます。

○ 多糖類・・・セルロース・ヘミセルロース・ペクチン
胃液では消化されず、十二指腸へ送られます。

 糖質は、すべて最小単位の「単糖」に分解されてから吸収されます。単位の違いは、体内で分解される過程や体内に取り込まれる過程が違うだけで糖質としての働きは、人工甘味料以外は、エネルギー源になります。

=糖質が体脂肪になるメカニズム=

肝臓や筋肉は、過剰なブドウ糖をグリコーゲンに変えて貯蔵することができますが、グリコーゲンの貯蔵量には限界があり、余ったブドウ糖は「血糖」として脂肪組織に運ばれ脂肪に変えられて、「体脂肪」として蓄積されます。

余分なブドウ糖を体内にためない為に、ウオーキングのような有酸素運動が良いは、はじめの15分は筋肉のグリコーゲンが代謝され、ついでブドウ糖が代謝されるので、ブドウ糖が代謝される為にも運動する場合、20分以上持続する必要があるのです。

注意: 果糖は中性脂肪に変えられて体内に貯蔵されます。その為ブドウ糖よりも体内で脂肪に変わりやすいので摂り過ぎに注意します。

ブドウ糖は体のエネルギーを使って吸収されますが、果糖はエネルギー消費なしに簡単に筋肉や脂肪に取り込む事ができます。しかも中性脂肪と結びつきやすい因子を持っています。その為、中性脂肪に変わりやすいのです。

=甘い物が欲しくなるメカニズム=

疲れると甘い物が欲しくなるのは、脳がエネルギー不足を感じて、副交感神経が優位になって体がリラックスを求めている状態です。

しかし疲れてもいないのに甘いものが欲しくなるのは、甘いものをとり続けている習慣によって、副交感神経が常に優位になっていて脳は、糖分を摂ってさらにリラックスを求めようとします。

しかし糖分としてのリラックス効果の持続時間は短く、すぐにまた甘いものが欲しくなってしまいます。疲れたときにちょっと食べるのはいいのですが、甘いものを食べ続けていると、糖分がないとリラックスできないようになってしまうのです。

=糖質が不足すると=

脳・神経系・赤血球・筋肉は、ブドウ糖のみをエネルギー源とするので、血糖値が下がると数分で機能を失います。

数時間は肝臓のグリコーゲンが分解されて血中にブドウ糖が供給され、数日間何も食べなくても脳や筋肉は働きます。

これはアミノ酸などの糖以外の栄養素からブドウ糖が合成される為です。ただしダイエットなどで糖質を減らしたい場合は、1日の摂取量は100g以下にしない事が大切です。

<糖質を分解する栄養素と食品>

○ ビタミンB群・・・ビタミンB1・B2・B6・B12
(肉類・魚類・豆類・種実類・玉子・乳製品・玄米・胚芽米・小麦胚芽・オレンジ・サツマイモ)

○ ナイアシン・・・(肉類・魚介類・落花生・玄米・まいたけ)

○ パントテン酸・・・(納豆・アボカド・さつまいも・モロヘイヤ・干ししいたけ)
○ ビオチン・・・(レバー・いわし・落花生・玉子・くるみ・きな粉・かき・にしん)

☆ せっかく糖分を分解する栄養を摂っても、それを処理する機能が衰えていてはいけませんよね。

お酢は、インシュリンの分泌を良くしてくれるし、燃焼しきれないブドウ糖を分解してくれます。

チョコをたくさん貰っても、気をつけましょうねっ“ 甘い誘惑 ” (^^)

糖尿病に効く食べ物

糖尿病は、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンの作用不足によってさまざま『代謝障害』がおきる病気です。

糖尿病で困るのは、「脳血管障害」・「心筋梗塞」・「視力障害」・「腎臓病」などの『合併症』が深刻な障害としてあらわれることです。

=尿に糖が出るメカニズム=

インスリンの働きが悪いと、ブドウ糖が充分に体の各組織に供給されず、血液中に残ってしまい「高血糖状態」になります。血糖値が高い状態になると、膵臓は大量のインスリンを分泌し続けることになり、膵臓機能が疲弊してしまいます。そこで膵臓は血糖を必死に下げようとして、血液中の余分な「ブドウ糖」を尿の中に排泄されます。だから『糖尿』なのです。

糖尿になると、インスリンの調節がうまく機能しなくなって、どんどん糖を尿中に出す為、今度は血液の中が「低血糖状態」になります。血液の中が低血糖だと「中枢神経の働きが低下」し昏睡に陥り命の危険にかかわります。

=糖尿病になる原因=

糖尿病になりやすい「体質」により、「過食」、「肥満」、「不規則な生活」、「ストレス」などが加わって発症します。肥満は「高血糖状態」をまねき、ストレスは、交感神経の作用によって膵臓に負担をかけて糖尿病を誘発します。


<糖尿病に効く栄養成分と食品>

○ EPA・・・血中コレステロール値を正常にし、糖尿病を予防します。
(さば・はまち・きんき・いわし・うなぎ・さんま・鯛・ぶり・まぐろ・にしん・さわら・さけ・すじこ・はたはた・ます・はも・あなご)

○ タウリン・・・インスリンの分泌を促進し、糖尿病を予防、改善します。
(さざえ・とこぶし・帆立貝・まぐろ・たこ・かに・いか・あさり・さば)

○ γ―リノレン酸・・・血糖値を下げ、糖尿病を予防、改善します。
(青海苔・わかめ・こんぶ・ひじき・もずく)

○ 食物繊維・・・ブドウ糖の吸収速度をゆるやかにし、食後の急速な血糖値の上昇を防ぎます。

   豆類・・・インゲン豆・えんどう豆・大豆・枝豆・おから・きな粉・納         豆・あずき
   穀類・・・ライ麦・オートミール・アマランサス
   乾物・・・・干し柿干しずいき・干しひじき・干し椎茸・寒天・切干大         根・かんぴょう
   種実類・・・アーモンド・栗
   野菜類・・・ごぼう・モロヘイヤ・あしたば・ブロッコリー

○ ビタミンB郡・・・インスリンの合成に働き、代謝を正常にして糖尿病を予防します。
(肉類・魚類・豆類・種実類・玉子・乳製品・玄米・胚芽米・小麦胚芽・オレンジ・サツマイモ)

○ ビタミンC・・・血中コレステロール値を正常にし、糖尿病を予防します。

    果実類・・・アセロラ・グァバ・いちご・みかん類・柿・キーウイ・            グレープフルーツ・マンゴー
    野菜類・・・赤ピーマン・菜の花・芽キャベツ・ブロッコリー・かぶ           の葉・かぼちゃ・レッドキャベツ・カリフラワー・からし           菜・にがうり・ほうれん草・さやえんどう・キャベツ・            茎にんにく
    いも類・・・さつまいも・じゃがいも

○ ビタミンE・・・血中コレステロール値を正常にし、糖尿病を予防します。
(魚介類・種実類・かぼちゃ・アボカド・赤ピーマン・小麦胚芽・菜の花)

○ ビタミンQ・・・血中コレステロール値を正常にし、糖尿病を予防します。
(レバー・もつ・肉類・かつお・まぐろ)

○ クロム・・・インスリンの働きを強化して、糖質の代謝を良くして糖尿病を予防します。
(野菜類・穀類・肉類・魚類)

○ マンガン・・・インスリンを生成し、代謝の働きを良くして糖尿病を予防、改善します。
(いたや貝・干しずいき・アマランサス・ライ麦全粒粉・栗・へーゼルナッツ・パイナップル・玄米・干し柿)

カリウム・・・代謝を正常にして糖尿病を予防します。
    魚類・・・かつお・するめ・さわら・ふぐ・めかじき
    豆類・・・大豆・納豆・いんげん豆・枝豆
    いも類・・・さといも・やまといも・さつまいも・
    野菜・果物類・・・アボカド・切干大根・干し柿・ほうれん草・干し        あんず・バナナ・・メロン・トマト
    藻類・・・青海苔・わかめ・こんぶ・ひじき・もずく


☆ 肥満が原因でインシュリンがうまく作用しなくなった糖尿病の場合は、「ブドウ糖」に対して「インシュリンが不足している」だけなので、早い時期に食事ダイエットを行えば簡単に改善します。つまりブドウ糖を減らせばいいのです。

ダイエットは苦しい事かも知れないけど、恐ろしい合併症を未然に防ぐためにも軽いうちに、ちょっとだけ自分に努力しましょうねっ(^^)

糖尿病に効く食べ物

糖尿病は、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンの作用不足によってさまざま『代謝障害』がおきる病気です。

糖尿病で困るのは、「脳血管障害」・「心筋梗塞」・「視力障害」・「腎臓病」などの『合併症』が深刻な障害としてあらわれることです。

=尿に糖が出るメカニズム=

インスリンの働きが悪いと、ブドウ糖が充分に体の各組織に供給されず、血液中に残ってしまい「高血糖状態」になります。血糖値が高い状態になると、膵臓は大量のインスリンを分泌し続けることになり、膵臓機能が疲弊してしまいます。そこで膵臓は血糖を必死に下げようとして、血液中の余分な「ブドウ糖」を尿の中に排泄されます。だから『糖尿』なのです。

糖尿になると、インスリンの調節がうまく機能しなくなって、どんどん糖を尿中に出す為、今度は血液の中が「低血糖状態」になります。血液の中が低血糖だと「中枢神経の働きが低下」し昏睡に陥り命の危険にかかわります。

=糖尿病になる原因=

糖尿病になりやすい「体質」により、「過食」、「肥満」、「不規則な生活」、「ストレス」などが加わって発症します。肥満は「高血糖状態」をまねき、ストレスは、交感神経の作用によって膵臓に負担をかけて糖尿病を誘発します。


<糖尿病に効く栄養成分と食品>

○ EPA・・・血中コレステロール値を正常にし、糖尿病を予防します。
(さば・はまち・きんき・いわし・うなぎ・さんま・鯛・ぶり・まぐろ・にしん・さわら・さけ・すじこ・はたはた・ます・はも・あなご)

○ タウリン・・・インスリンの分泌を促進し、糖尿病を予防、改善します。
(さざえ・とこぶし・帆立貝・まぐろ・たこ・かに・いか・あさり・さば)

○ γ―リノレン酸・・・血糖値を下げ、糖尿病を予防、改善します。
(青海苔・わかめ・こんぶ・ひじき・もずく)

○ 食物繊維・・・ブドウ糖の吸収速度をゆるやかにし、食後の急速な血糖値の上昇を防ぎます。

   豆類・・・インゲン豆・えんどう豆・大豆・枝豆・おから・きな粉・納         豆・あずき
   穀類・・・ライ麦・オートミール・アマランサス
   乾物・・・・干し柿干しずいき・干しひじき・干し椎茸・寒天・切干大         根・かんぴょう
   種実類・・・アーモンド・栗
   野菜類・・・ごぼう・モロヘイヤ・あしたば・ブロッコリー

○ ビタミンB郡・・・インスリンの合成に働き、代謝を正常にして糖尿病を予防します。
(肉類・魚類・豆類・種実類・玉子・乳製品・玄米・胚芽米・小麦胚芽・オレンジ・サツマイモ)

○ ビタミンC・・・血中コレステロール値を正常にし、糖尿病を予防します。

    果実類・・・アセロラ・グァバ・いちご・みかん類・柿・キーウイ・            グレープフルーツ・マンゴー
    野菜類・・・赤ピーマン・菜の花・芽キャベツ・ブロッコリー・かぶ           の葉・かぼちゃ・レッドキャベツ・カリフラワー・からし           菜・にがうり・ほうれん草・さやえんどう・キャベツ・            茎にんにく
    いも類・・・さつまいも・じゃがいも

○ ビタミンE・・・血中コレステロール値を正常にし、糖尿病を予防します。
(魚介類・種実類・かぼちゃ・アボカド・赤ピーマン・小麦胚芽・菜の花)

○ ビタミンQ・・・血中コレステロール値を正常にし、糖尿病を予防します。
(レバー・もつ・肉類・かつお・まぐろ)

○ クロム・・・インスリンの働きを強化して、糖質の代謝を良くして糖尿病を予防します。
(野菜類・穀類・肉類・魚類)

○ マンガン・・・インスリンを生成し、代謝の働きを良くして糖尿病を予防、改善します。
(いたや貝・干しずいき・アマランサス・ライ麦全粒粉・栗・へーゼルナッツ・パイナップル・玄米・干し柿)

カリウム・・・代謝を正常にして糖尿病を予防します。
    魚類・・・かつお・するめ・さわら・ふぐ・めかじき
    豆類・・・大豆・納豆・いんげん豆・枝豆
    いも類・・・さといも・やまといも・さつまいも・
    野菜・果物類・・・アボカド・切干大根・干し柿・ほうれん草・干し        あんず・バナナ・・メロン・トマト
    藻類・・・青海苔・わかめ・こんぶ・ひじき・もずく


☆ 肥満が原因でインシュリンがうまく作用しなくなった糖尿病の場合は、「ブドウ糖」に対して「インシュリンが不足している」だけなので、早い時期に食事ダイエットを行えば簡単に改善します。つまりブドウ糖を減らせばいいのです。

ダイエットは苦しい事かも知れないけど、恐ろしい合併症を未然に防ぐためにも軽いうちに、ちょっとだけ自分に努力しましょうねっ(^^)

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。