プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食物繊維の話

食物繊維は、「人の消化酵素で消化されない食事中の難消化成分の総体」であり、栄養素の吸収を緩やかにしたり、有害な物質を排出するなどの作用があり、「糖質」・「たんぱく質」・「脂質」・「ビタミン」・「ミネラル」に続く『第6の栄養素』です。

=食物繊維の特徴=

食物繊維は、植物細胞の構成成分を中心に動物性の成分も含めて、水に溶けない『不溶性食物繊維』と水に溶ける『水溶性食物繊維』に分けられていて、穀類・いも類・豆類・野菜・果実・海藻・きのこなど、外皮、殻などを含む食品に多く、精製された食品に少ないのが特徴です。

注:食物繊維を摂りすぎて下痢症状を起こすと、ミネラルなどの体に必要な成分まで排出させてしまうので注意が必要です。

=食物繊維の体内での働き=

<不溶性食物繊維>
消化器系の病気や症状の予防・改善に効果を発揮します。

○ 口中での咀嚼回数を増やし、唾液の分泌量を増して、満腹感を得やすくする。
○ 便を軟らかくしてかさを増やし、腸の蠕動を活発にして内容物をすみやかに移動させます。
○ 腸内の有用菌群を増やし、腸内環境を改善します。
○ 発がん性物質など、腸内の有害物質の排出を促進します。

セルロース・・・(野菜・穀類・豆類・小麦ふすま)
ヘミセルロース・・・(穀類・豆類・小麦ふすま)
ペクチン質・・・(未熟な果実・野菜)
リグニン・・・(ココア・豆類・小麦ふすま
イヌリン・・・(ごぼう)
グルカン・・・(きのこ・酵母)
キチン・・・(えび、かにの殻)

不溶性食物繊維を多く含む食品ベスト10

(干し柿・紅花いんげん・えんどう豆・ささげ・あずき・ライ麦粉・いんげん豆・干し椎茸・おから)

<水溶性食物繊維>
ヌルヌルした性質を持ち、生活習慣病予防に有効

○ ブドウ糖の吸収速度を緩やかにし、食後の急速な血糖値の上昇を防ぎます。
○ コレステロールの吸収を抑制し、動脈硬化を予防します。
○ 胆汁酸を吸着し、体外に排泄させ、インスリンの負担を軽減します。
○ 腸内でナトリウムを排泄させ、血圧を下げます。
○ 腸管内で栄養素の吸収を緩慢にして肥満を予防します。

ペクチン質・・・熟した果実
グアーガム・・・樹皮・果樹など
マンナン・・・植物の種子、葉、根など
海藻多糖類・・・アルギン酸・ラミナリン・フコイジン・・・海藻

水性食物繊維を多く含む食品ベスト10

(ライ麦粉・干し柿・枝豆・モロヘイヤ・ごぼう・オートミール・干しあんず・ごま・いんげん豆・切干大根)

☆ 食物繊維の生理作用は、種類によって違いがあるので、多種類の食品から摂るのがコツです。和食には、食物繊維が豊富です。特に根菜類や乾物・海藻などをたっぷり使った「おふくろの味」は食物繊維の宝庫です。

冬は根菜類が美味しい季節です。いろいろな野菜を煮物にして食べて、体のお掃除をしましょうねっ(^^)
スポンサーサイト

食物繊維の話

食物繊維は、「人の消化酵素で消化されない食事中の難消化成分の総体」であり、栄養素の吸収を緩やかにしたり、有害な物質を排出するなどの作用があり、「糖質」・「たんぱく質」・「脂質」・「ビタミン」・「ミネラル」に続く『第6の栄養素』です。

=食物繊維の特徴=

食物繊維は、植物細胞の構成成分を中心に動物性の成分も含めて、水に溶けない『不溶性食物繊維』と水に溶ける『水溶性食物繊維』に分けられていて、穀類・いも類・豆類・野菜・果実・海藻・きのこなど、外皮、殻などを含む食品に多く、精製された食品に少ないのが特徴です。

注:食物繊維を摂りすぎて下痢症状を起こすと、ミネラルなどの体に必要な成分まで排出させてしまうので注意が必要です。

=食物繊維の体内での働き=

<不溶性食物繊維>
消化器系の病気や症状の予防・改善に効果を発揮します。

○ 口中での咀嚼回数を増やし、唾液の分泌量を増して、満腹感を得やすくする。
○ 便を軟らかくしてかさを増やし、腸の蠕動を活発にして内容物をすみやかに移動させます。
○ 腸内の有用菌群を増やし、腸内環境を改善します。
○ 発がん性物質など、腸内の有害物質の排出を促進します。

セルロース・・・(野菜・穀類・豆類・小麦ふすま)
ヘミセルロース・・・(穀類・豆類・小麦ふすま)
ペクチン質・・・(未熟な果実・野菜)
リグニン・・・(ココア・豆類・小麦ふすま
イヌリン・・・(ごぼう)
グルカン・・・(きのこ・酵母)
キチン・・・(えび、かにの殻)

不溶性食物繊維を多く含む食品ベスト10

(干し柿・紅花いんげん・えんどう豆・ささげ・あずき・ライ麦粉・いんげん豆・干し椎茸・おから)

<水溶性食物繊維>
ヌルヌルした性質を持ち、生活習慣病予防に有効

○ ブドウ糖の吸収速度を緩やかにし、食後の急速な血糖値の上昇を防ぎます。
○ コレステロールの吸収を抑制し、動脈硬化を予防します。
○ 胆汁酸を吸着し、体外に排泄させ、インスリンの負担を軽減します。
○ 腸内でナトリウムを排泄させ、血圧を下げます。
○ 腸管内で栄養素の吸収を緩慢にして肥満を予防します。

ペクチン質・・・熟した果実
グアーガム・・・樹皮・果樹など
マンナン・・・植物の種子、葉、根など
海藻多糖類・・・アルギン酸・ラミナリン・フコイジン・・・海藻

水性食物繊維を多く含む食品ベスト10

(ライ麦粉・干し柿・枝豆・モロヘイヤ・ごぼう・オートミール・干しあんず・ごま・いんげん豆・切干大根)

☆ 食物繊維の生理作用は、種類によって違いがあるので、多種類の食品から摂るのがコツです。和食には、食物繊維が豊富です。特に根菜類や乾物・海藻などをたっぷり使った「おふくろの味」は食物繊維の宝庫です。

冬は根菜類が美味しい季節です。いろいろな野菜を煮物にして食べて、体のお掃除をしましょうねっ(^^)

食物繊維の話

食物繊維は、「人の消化酵素で消化されない食事中の難消化成分の総体」であり、栄養素の吸収を緩やかにしたり、有害な物質を排出するなどの作用があり、「糖質」・「たんぱく質」・「脂質」・「ビタミン」・「ミネラル」に続く『第6の栄養素』です。

=食物繊維の特徴=

食物繊維は、植物細胞の構成成分を中心に動物性の成分も含めて、水に溶けない『不溶性食物繊維』と水に溶ける『水溶性食物繊維』に分けられていて、穀類・いも類・豆類・野菜・果実・海藻・きのこなど、外皮、殻などを含む食品に多く、精製された食品に少ないのが特徴です。

注:食物繊維を摂りすぎて下痢症状を起こすと、ミネラルなどの体に必要な成分まで排出させてしまうので注意が必要です。

=食物繊維の体内での働き=

<不溶性食物繊維>
消化器系の病気や症状の予防・改善に効果を発揮します。

○ 口中での咀嚼回数を増やし、唾液の分泌量を増して、満腹感を得やすくする。
○ 便を軟らかくしてかさを増やし、腸の蠕動を活発にして内容物をすみやかに移動させます。
○ 腸内の有用菌群を増やし、腸内環境を改善します。
○ 発がん性物質など、腸内の有害物質の排出を促進します。

セルロース・・・(野菜・穀類・豆類・小麦ふすま)
ヘミセルロース・・・(穀類・豆類・小麦ふすま)
ペクチン質・・・(未熟な果実・野菜)
リグニン・・・(ココア・豆類・小麦ふすま
イヌリン・・・(ごぼう)
グルカン・・・(きのこ・酵母)
キチン・・・(えび、かにの殻)

不溶性食物繊維を多く含む食品ベスト10

(干し柿・紅花いんげん・えんどう豆・ささげ・あずき・ライ麦粉・いんげん豆・干し椎茸・おから)

<水溶性食物繊維>
ヌルヌルした性質を持ち、生活習慣病予防に有効

○ ブドウ糖の吸収速度を緩やかにし、食後の急速な血糖値の上昇を防ぎます。
○ コレステロールの吸収を抑制し、動脈硬化を予防します。
○ 胆汁酸を吸着し、体外に排泄させ、インスリンの負担を軽減します。
○ 腸内でナトリウムを排泄させ、血圧を下げます。
○ 腸管内で栄養素の吸収を緩慢にして肥満を予防します。

ペクチン質・・・熟した果実
グアーガム・・・樹皮・果樹など
マンナン・・・植物の種子、葉、根など
海藻多糖類・・・アルギン酸・ラミナリン・フコイジン・・・海藻

水性食物繊維を多く含む食品ベスト10

(ライ麦粉・干し柿・枝豆・モロヘイヤ・ごぼう・オートミール・干しあんず・ごま・いんげん豆・切干大根)

☆ 食物繊維の生理作用は、種類によって違いがあるので、多種類の食品から摂るのがコツです。和食には、食物繊維が豊富です。特に根菜類や乾物・海藻などをたっぷり使った「おふくろの味」は食物繊維の宝庫です。

冬は根菜類が美味しい季節です。いろいろな野菜を煮物にして食べて、体のお掃除をしましょうねっ(^^)

食物繊維の話

食物繊維は、「人の消化酵素で消化されない食事中の難消化成分の総体」であり、栄養素の吸収を緩やかにしたり、有害な物質を排出するなどの作用があり、「糖質」・「たんぱく質」・「脂質」・「ビタミン」・「ミネラル」に続く『第6の栄養素』です。

=食物繊維の特徴=

食物繊維は、植物細胞の構成成分を中心に動物性の成分も含めて、水に溶けない『不溶性食物繊維』と水に溶ける『水溶性食物繊維』に分けられていて、穀類・いも類・豆類・野菜・果実・海藻・きのこなど、外皮、殻などを含む食品に多く、精製された食品に少ないのが特徴です。

注:食物繊維を摂りすぎて下痢症状を起こすと、ミネラルなどの体に必要な成分まで排出させてしまうので注意が必要です。

=食物繊維の体内での働き=

<不溶性食物繊維>
消化器系の病気や症状の予防・改善に効果を発揮します。

○ 口中での咀嚼回数を増やし、唾液の分泌量を増して、満腹感を得やすくする。
○ 便を軟らかくしてかさを増やし、腸の蠕動を活発にして内容物をすみやかに移動させます。
○ 腸内の有用菌群を増やし、腸内環境を改善します。
○ 発がん性物質など、腸内の有害物質の排出を促進します。

セルロース・・・(野菜・穀類・豆類・小麦ふすま)
ヘミセルロース・・・(穀類・豆類・小麦ふすま)
ペクチン質・・・(未熟な果実・野菜)
リグニン・・・(ココア・豆類・小麦ふすま
イヌリン・・・(ごぼう)
グルカン・・・(きのこ・酵母)
キチン・・・(えび、かにの殻)

不溶性食物繊維を多く含む食品ベスト10

(干し柿・紅花いんげん・えんどう豆・ささげ・あずき・ライ麦粉・いんげん豆・干し椎茸・おから)

<水溶性食物繊維>
ヌルヌルした性質を持ち、生活習慣病予防に有効

○ ブドウ糖の吸収速度を緩やかにし、食後の急速な血糖値の上昇を防ぎます。
○ コレステロールの吸収を抑制し、動脈硬化を予防します。
○ 胆汁酸を吸着し、体外に排泄させ、インスリンの負担を軽減します。
○ 腸内でナトリウムを排泄させ、血圧を下げます。
○ 腸管内で栄養素の吸収を緩慢にして肥満を予防します。

ペクチン質・・・熟した果実
グアーガム・・・樹皮・果樹など
マンナン・・・植物の種子、葉、根など
海藻多糖類・・・アルギン酸・ラミナリン・フコイジン・・・海藻

水性食物繊維を多く含む食品ベスト10

(ライ麦粉・干し柿・枝豆・モロヘイヤ・ごぼう・オートミール・干しあんず・ごま・いんげん豆・切干大根)

☆ 食物繊維の生理作用は、種類によって違いがあるので、多種類の食品から摂るのがコツです。和食には、食物繊維が豊富です。特に根菜類や乾物・海藻などをたっぷり使った「おふくろの味」は食物繊維の宝庫です。

冬は根菜類が美味しい季節です。いろいろな野菜を煮物にして食べて、体のお掃除をしましょうねっ(^^)

食物繊維の話

食物繊維は、「人の消化酵素で消化されない食事中の難消化成分の総体」であり、栄養素の吸収を緩やかにしたり、有害な物質を排出するなどの作用があり、「糖質」・「たんぱく質」・「脂質」・「ビタミン」・「ミネラル」に続く『第6の栄養素』です。

=食物繊維の特徴=

食物繊維は、植物細胞の構成成分を中心に動物性の成分も含めて、水に溶けない『不溶性食物繊維』と水に溶ける『水溶性食物繊維』に分けられていて、穀類・いも類・豆類・野菜・果実・海藻・きのこなど、外皮、殻などを含む食品に多く、精製された食品に少ないのが特徴です。

注:食物繊維を摂りすぎて下痢症状を起こすと、ミネラルなどの体に必要な成分まで排出させてしまうので注意が必要です。

=食物繊維の体内での働き=

<不溶性食物繊維>
消化器系の病気や症状の予防・改善に効果を発揮します。

○ 口中での咀嚼回数を増やし、唾液の分泌量を増して、満腹感を得やすくする。
○ 便を軟らかくしてかさを増やし、腸の蠕動を活発にして内容物をすみやかに移動させます。
○ 腸内の有用菌群を増やし、腸内環境を改善します。
○ 発がん性物質など、腸内の有害物質の排出を促進します。

セルロース・・・(野菜・穀類・豆類・小麦ふすま)
ヘミセルロース・・・(穀類・豆類・小麦ふすま)
ペクチン質・・・(未熟な果実・野菜)
リグニン・・・(ココア・豆類・小麦ふすま
イヌリン・・・(ごぼう)
グルカン・・・(きのこ・酵母)
キチン・・・(えび、かにの殻)

不溶性食物繊維を多く含む食品ベスト10

(干し柿・紅花いんげん・えんどう豆・ささげ・あずき・ライ麦粉・いんげん豆・干し椎茸・おから)

<水溶性食物繊維>
ヌルヌルした性質を持ち、生活習慣病予防に有効

○ ブドウ糖の吸収速度を緩やかにし、食後の急速な血糖値の上昇を防ぎます。
○ コレステロールの吸収を抑制し、動脈硬化を予防します。
○ 胆汁酸を吸着し、体外に排泄させ、インスリンの負担を軽減します。
○ 腸内でナトリウムを排泄させ、血圧を下げます。
○ 腸管内で栄養素の吸収を緩慢にして肥満を予防します。

ペクチン質・・・熟した果実
グアーガム・・・樹皮・果樹など
マンナン・・・植物の種子、葉、根など
海藻多糖類・・・アルギン酸・ラミナリン・フコイジン・・・海藻

水性食物繊維を多く含む食品ベスト10

(ライ麦粉・干し柿・枝豆・モロヘイヤ・ごぼう・オートミール・干しあんず・ごま・いんげん豆・切干大根)

☆ 食物繊維の生理作用は、種類によって違いがあるので、多種類の食品から摂るのがコツです。和食には、食物繊維が豊富です。特に根菜類や乾物・海藻などをたっぷり使った「おふくろの味」は食物繊維の宝庫です。

冬は根菜類が美味しい季節です。いろいろな野菜を煮物にして食べて、体のお掃除をしましょうねっ(^^)

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。