プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長男の住宅ローン

長男から、「結婚を機に、新築マンションを購入したい。この購入資金の85%住宅ローンで、残りを自己資金、しかし不足するので親からの資金援助を願いたい」との話があった。
 しかし、私は「結婚を機に住宅ローンを組む?。おかしくない。
最初はアパート住まいで十分、自己資金を少し貯めて、ローンの負担をなるべく減少させることが必要。将来子供の教育費も必要となるだろう。 住宅ローン控除
>>   住宅ローン減税
>>   住宅ローン 金利
>>   住宅ローン 新生銀行
>>   住宅ローン 比較大辞典
>>   住宅ローン シミュレーション
>>   SBI 住宅ローン
>>   三井住友銀行 住宅ローン
>>   自己破産 住宅ローン
>>   イオン銀行 住宅ローン
>>   住宅ローン 計算
>>   千葉銀行 住宅ローン
>>   住宅ローン ランキング
>>   農協 住宅ローン
>>   横浜銀行 住宅ローン
>>   北洋銀行 住宅ローン
>>   住友信託銀行 住宅ローン
>>   東海ろうきん 住宅ローン
>>   住宅ローン 金利 推移
>>   東京三菱UFJ 住宅ローン
>>   福岡銀行 住宅ローン
>>   京都銀行 住宅ローン
>>   ソニー銀行 住宅ローン
>>   住宅ローン 変動金利
>>   十六銀行 住宅ローン
>>   みずほ 住宅ローン
>>   住宅ローン 保証料
>>   住宅ローン 繰り上げ返済
>>   三井住友 住宅ローン
>>   群馬銀行 住宅ローン
>>   住信SBI 住宅ローン
>>   常陽銀行 住宅ローン
>>   住宅ローン 火災保険
>>   住宅ローン 繰上げ返済
>>   埼玉りそな 住宅ローン
>>   住宅ローン 年収
>>   りそな 住宅ローン
>>   住宅ローン 返済
>>   名古屋銀行 住宅ローン
>>   泉州銀行 住宅ローン
>>   広島銀行 住宅ローン
>>   北海道銀行 住宅ローン
>>   伊予銀行 住宅ローン
>>   労働金庫 住宅ローン
>>   近畿ろうきん 住宅ローン
>>   UFJ 住宅ローン
>>   自営業 住宅ローン
>>   スルガ銀行 住宅ローン
>>   住宅ローン 審査基準
>>   住宅ローン 借り換え 比較
>>   三菱東京UFJ 住宅ローン
>>   住宅ローン フラット35
>>   九州ろうきん 住宅ローン
>>   住宅ローン 相談
>>   静岡銀行 住宅ローン
>>   滋賀銀行 住宅ローン
>>   ライフ住宅ローン
>>   住宅ローン 事前審査
>>   銀行 住宅ローン
>>   関西アーバン銀行 住宅ローン
>>   中国銀行 住宅ローン
>>   百五銀行 住宅ローン
>>   住宅ローン 諸費用
>>   住宅ローン 保険
>>   住宅ローン 借換
>>   住宅ローン 金利比較
>>   離婚 住宅ローン
>>   大垣共立銀行 住宅ローン
>>   北陸銀行 住宅ローン
>>   住宅ローン 返済シュミレーション
>>   住宅ローン 頭金
>>   債務整理 住宅ローン
>>   住宅ローン 口コミ
>>   住宅ローン 保証人
>>   武蔵野銀行 住宅ローン
>>   紀陽銀行 住宅ローン
>>   肥後銀行 住宅ローン
>>   住宅ローン 試算
>>   ゆうちょ銀行 住宅ローン
>>   楽天 住宅ローン
>>   住宅ローン 滞納
>>   西日本シティ銀行 住宅ローン
>>   住宅ローン 仮審査
>>   中央三井信託銀行 住宅ローン
>>   足利銀行 住宅ローン
>>   近畿大阪銀行 住宅ローン
>>   京葉銀行 住宅ローン
>>   鹿児島銀行 住宅ローン
>>   住宅ローン 必要書類
>>   任意整理 住宅ローン
>>   住宅ローン 固定金利
>>   住宅ローン 破綻
>>   住宅ローン 本審査
>>   住宅ローン 連帯保証人
>>   住宅ローン フラット35s
>>   住宅ローン 金利計算
>>   三菱東京UFJ銀行 住宅ローン
>>   住宅ローン 人気
>>   住宅ローン 優遇金利
>>   住宅ローン 金利優遇
管理費・修繕積立金もあり負担大変。親としては反対。」との考え
 長男は(嫁に洗脳されたのか)「残りひとつの良い物件だ。今買わないと。なるべく早く買えばローンは返済できる。」などと言っている。
困った。
スポンサーサイト

深刻な問題「住宅ローン難民」

仕事から戻り、バス(お風呂)でまったりしながらテレビを観ていたら(http://smcb.jp/_ps01?post_id=1217204&oid=30521..)、住宅ローン難民についての報道がありました。

この不況で給与や賞与が減ったり、会社をリストラされてしまい収入が無くなったりして、住宅ローンの支払いが滞納となってしまい、結果として折角購入した自宅が競売になってしまうという悲惨な事が増えているそうです。

通常、一般の方々が戸建てやマンションをキャッシュで購入できるなんてことは考えられません。そうなると、住宅ローンを組むことになるのですが、それに対する消費者保護が法的になされていなかったことも原因の一部として挙げられるようです。

昨年の12月4日にやっと施行された「中小企業金融円滑化法」により、個人も返済猶予が可能になったのですが、それ以前に滞納して処分を受けてしまった方々は、もうどうしようもありません。

確かに、こんな不況がやって来ようとは誰も想像できなかったかもしれませんが、住宅ローンというのは、言わば”借金”です。どのような状況に置かれても、返済が可能なように、計画をじっくり考慮してローンを組むことが求められるように思われます。

この住宅ローン難民と呼ばれる方々は、これからピークを迎えるという評論家・専門家の意見もあり、予断を許さない状況にあるようです。

私の場合には生涯、賃貸で生活するかもしれません(笑)。

深刻な問題「住宅ローン難民」

仕事から戻り、バス(お風呂)でまったりしながらテレビを観ていたら(http://smcb.jp/_ps01?post_id=1217204&oid=30521..)、住宅ローン難民についての報道がありました。

この不況で給与や賞与が減ったり、会社をリストラされてしまい収入が無くなったりして、住宅ローンの支払いが滞納となってしまい、結果として折角購入した自宅が競売になってしまうという悲惨な事が増えているそうです。

通常、一般の方々が戸建てやマンションをキャッシュで購入できるなんてことは考えられません。そうなると、住宅ローンを組むことになるのですが、それに対する消費者保護が法的になされていなかったことも原因の一部として挙げられるようです。

昨年の12月4日にやっと施行された「中小企業金融円滑化法」により、個人も返済猶予が可能になったのですが、それ以前に滞納して処分を受けてしまった方々は、もうどうしようもありません。

確かに、こんな不況がやって来ようとは誰も想像できなかったかもしれませんが、住宅ローンというのは、言わば”借金”です。どのような状況に置かれても、返済が可能なように、計画をじっくり考慮してローンを組むことが求められるように思われます。

この住宅ローン難民と呼ばれる方々は、これからピークを迎えるという評論家・専門家の意見もあり、予断を許さない状況にあるようです。

私の場合には生涯、賃貸で生活するかもしれません(笑)。

深刻な問題「住宅ローン難民」

仕事から戻り、バス(お風呂)でまったりしながらテレビを観ていたら(http://smcb.jp/_ps01?post_id=1217204&oid=30521..)、住宅ローン難民についての報道がありました。

この不況で給与や賞与が減ったり、会社をリストラされてしまい収入が無くなったりして、住宅ローンの支払いが滞納となってしまい、結果として折角購入した自宅が競売になってしまうという悲惨な事が増えているそうです。

通常、一般の方々が戸建てやマンションをキャッシュで購入できるなんてことは考えられません。そうなると、住宅ローンを組むことになるのですが、それに対する消費者保護が法的になされていなかったことも原因の一部として挙げられるようです。

昨年の12月4日にやっと施行された「中小企業金融円滑化法」により、個人も返済猶予が可能になったのですが、それ以前に滞納して処分を受けてしまった方々は、もうどうしようもありません。

確かに、こんな不況がやって来ようとは誰も想像できなかったかもしれませんが、住宅ローンというのは、言わば”借金”です。どのような状況に置かれても、返済が可能なように、計画をじっくり考慮してローンを組むことが求められるように思われます。

この住宅ローン難民と呼ばれる方々は、これからピークを迎えるという評論家・専門家の意見もあり、予断を許さない状況にあるようです。

私の場合には生涯、賃貸で生活するかもしれません(笑)。

深刻な問題「住宅ローン難民」

仕事から戻り、バス(お風呂)でまったりしながらテレビを観ていたら(http://smcb.jp/_ps01?post_id=1217204&oid=30521..)、住宅ローン難民についての報道がありました。

この不況で給与や賞与が減ったり、会社をリストラされてしまい収入が無くなったりして、住宅ローンの支払いが滞納となってしまい、結果として折角購入した自宅が競売になってしまうという悲惨な事が増えているそうです。

通常、一般の方々が戸建てやマンションをキャッシュで購入できるなんてことは考えられません。そうなると、住宅ローンを組むことになるのですが、それに対する消費者保護が法的になされていなかったことも原因の一部として挙げられるようです。

昨年の12月4日にやっと施行された「中小企業金融円滑化法」により、個人も返済猶予が可能になったのですが、それ以前に滞納して処分を受けてしまった方々は、もうどうしようもありません。

確かに、こんな不況がやって来ようとは誰も想像できなかったかもしれませんが、住宅ローンというのは、言わば”借金”です。どのような状況に置かれても、返済が可能なように、計画をじっくり考慮してローンを組むことが求められるように思われます。

この住宅ローン難民と呼ばれる方々は、これからピークを迎えるという評論家・専門家の意見もあり、予断を許さない状況にあるようです。

私の場合には生涯、賃貸で生活するかもしれません(笑)。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。