プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワープロ検定

パソコン教室に通い始めて五ヶ月。今日、その結果が試される検定に挑戦した。途中、なが~い旅行や短い入院などもあったが、先生たちに背中を押され、なんとかこなしてきたよ。
それでも、仕事帰りは眠くなり目がシバシバ~
よくがんばりました!

結果はたぶん、大丈夫でしょう?

多少の緊張感は、いい結果をもたらす!何事においてもいえるかも?
とりあえず、パソコン入門編終了ということで、これからは少しづつステップアップしていこうっと!

ふ~
スポンサーサイト

ご存じでしたか... インターネット(WWW等)の開発者のこと!!

ティム・バーナーズ・リー 【英】Tim Berners-Lee, Timothy John Berners-Lee

ティム・バーナーズ・リーとは、英国のコンピューター技術者である。1955年6月8日、ロンドン生まれ。WWW(World Wide Web)の仕組みを考案し、今日のインターネットの基礎を築いた人物として知られている。URL(URI)、HTTP、HTMLも彼の手によるものである。

1973年、ロンドンのエマニュエル高等学校を卒業した後にオックスフォード大学クイーンカレッジに進学した。専攻は物理学だった。1976年に同大学を卒業し、イギリスの電話会社であるプレッセイ電信電話会社に就職、2年間の勤務の間に分散システムやメッセージ転送、バーコード技術などを担当している。

会社を辞め、しばらくの間は個人でコンサルタントを営んでいた際に、スイスのジュネーブにある欧州素粒子物理学研究所(CERN)へとソフトウエア技術のコンサルタントとして出入りする機会があった。

CERNは欧州12ヵ国によって共同で建設された、巨大加速器を中心にした一大研究組織であるが、バーナーズ・リーはそこで数千人にのぼる研究者や参加者に効率よく情報を行き渡らせるためのシステム開発を任された。

折りしも、個人的開発作業の一環として、ランダムに他の文書と連結できる仕組みをもった情報管理ツール「Enquire」が開発されていた。バーナーズ・リーの、電話会社時代に培われた技術とEnquire構想は結実することとなる。

1981年から1984年にかけて、彼はイメージ・コンピュータ・システム社の技術デザインの責任者になり、1984年には、科学データ閲覧のための分散リアルタイムシステムに関する業績についてCERNからフェローシップを授与されている。

ハイパーテキストの仕組みは、テッド・ネルソンが長らく研究を進めてきたテーマだった。1989年、バーナーズ・リーがWWWと呼ばれる分散システム上の情報形態の提案を公式に行ったことで、ハイパーテキストのアイデアは実現されることとなった。

CERNにあった「NeXT」コンピュータ上に、サーバー(httpd)とクライアント(Webブラウザ)の環境が構築された。その翌年、1991年8月6日、最初のWebサイトが設立され、インターネットが実現されることとなった。

バーナーズ・リーは現在、WWWコンソーシアム(W3C)のディレクターとして活動するかたわら、マサチューセッツ工科大学で計算機科学研究所の主任研究員を務めている。

2002年には日本国際賞受賞、2004年フィンランド政府による「ミレニアム・テクノロジー賞を受賞、同じく2004年にイギリスから騎士(ナイト)の称号が授与されている。


コンピュータ、インターネットの技術の進展は大変なものですが、上記の若い技術者がインターネットの元になる”WWW”他、重要な部分を開発されたのですね。それにしても世の中には相当な頭脳を持った方がいるものです。

彼の開発がなければ、これほどまでの情報処理や、瞬時に世界の情報が地球の隅々まで行き渡ることはなかったのかも知れません。

CERNは私の甥が、東大大学院理学部修士課程素粒子研究室在籍時の昨年夏に2カ月出張していました。巨大な設備ですね。色々な研究者がいるものです。感心します!!

ホームページビルダー8回目

このところ、毎日、HBに取り組んでいるが、日記を書く時でないと、何日目かわからなくなってきた。

昨日から、標準モード編集に替えたら、大分楽になったが、HBは変なSOFTです。

編集モードで、表の大きさを変更しようとしても、表示が戻ってしまう、何か、余分なデータが入っているのか・・・・??

昨日まで、HBを再起動すると、直るから、何度も、やっていたのですが、なんと表示のミスでした。

プレビューにはきっちり移動後の表が表示されてました。

今迄、苦労していたのはナンなんでしょうか、プリビューから戻ると表示も正常になるようです。

道理で、HTMLで編集しても、表示に反映されないわけです、これって、結構大事な部分のバグ、困った物だ。

あと、たびたび起きるんですが、「エラーが発生したから、プログラムを終了しました。」Windowsから、メッセージが来ます。

再起動すれば、編集内容は戻ってきますが、結構わずらわしい。

では、今日は、これまで。

ニンテンドーDSその2

ニンテンドーDSのソフトを不正に楽しめる「マジコン」というのがあります。マジコンには色々な種類がありますが、DSの複製ソフトプロテクト(防護)を解除して、違法複製されたソフトが使えるようになるというものです。マジコンにSDカードを挿入することでニンテンドーDSが楽しめるのです。

SDカードにゲームのデータを入れるのですが、ひとつのカードに何十個ものソフトを入れることが出来るのです。ソフトのダウンロードサイトまで存在しています。ニンテンドーDSのソフトが無料でいくつも楽しめると、多くの人が利用しました。任天堂は大きな損害を受けたとし、損害賠償訴訟を起こしています。

マジコンはネットでも簡単に入手することが出来ました。そのため多くの人が不正に利用したのです。現在、マジコンを利用してソフトをダウンロードするのは禁止されています。しかし、今なおマジコンを購入する人が後を絶たないのです。

ダウンロードサイトは海外のサイトが多いため、海外のサイトを取り締まることが出来ず、放置せざるをえないような状況が続いています。ニンテンドーDSで遊ぶなら、きちんとゲームソフトを購入して楽しく堂々と遊ぶようにしましょう。

ニンテンドーDS

ニンテンドーDSは、任天堂が開発した携帯型ゲーム機で、2004年から世界各国で発売されています。DSと略して呼ばれることが多いゲーム機で、希望小売価格は15,000円となっています。上画面と下画面の二つの画面を持つのが特徴となっています。

ニンテンドーDSは、スクリーンにタッチしてゲームを進めたり、マイクに話しかけたり、息を吹きかけたりと、色々な遊び方が出来るゲーム機です。遊ぶソフトによってマイクなどの利用方法が変わっています。ヘッドホンが利用できますので、病院などの待ち時間などでも利用出来ます。

折りたたみ式のゲーム機で、気軽に持ち運ぶことが出来ますので、友達の家にニンテンドーDSを持って行って遊ぶことも出来ます。ニンテンドーDSはニンテンドーDSLiteやニンテンドーDSiなども販売されています。それぞれ価格は機能、特徴が異なります。

カラーや本体の素材、大きさや軽さ、画面の明るさなども異なりますので、特徴を理解し、自分の好みに合うニンテンドーDSを選ぶといいでしょう。ニンテンドーDS本体は、ニンテンドーDSLiteの発売に伴い、生産が行なわれていませんので、中古取り扱い店などでの購入となります。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。