プロフィール

h31k123

Author:h31k123
FC2ブログへようこそ!


最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第86回箱根駅伝回想(2010)

第86回東京箱根間往復大学駅伝競走(関東学生陸上競技連盟主催、読売新聞社共催)は東洋大が、往路5区柏原の昨年の
自らの区間記録を更新し(1時間17分6秒)、8位からトップに
立ち往路優勝。
復路は7区田中の区間賞もあり一度も首位を譲らない安定した走りで、

通算11時間10分13秒で2年連続2度目の総合優勝を飾った。

往路8位の駒大が、5時間34分41秒で2年ぶりに復路を制し、総合2位に入った。3位は山梨学院大。

最優秀選手(金栗杯)には、往路の5区で自らの区間新記録を塗り替えた東洋大の柏原竜二(2年)が、2年連続で選ばれた。

注目された日大は15位と惨敗しシード獲得(今回は10位まで)もできず今年の箱根駅伝予選会に出なくてはならない。

まさかの日大。出雲、全日本と連覇したのにこの結果だ。どこか慢心というか隙があったのだろう。復路は優勝できないとわかり完全にモチベーションがおちたのではないだろうか?
本当に残念である。

それに反してシードを獲得した城西大学(初シード獲得)6位と青山学院8位(41年ぶりシード獲得)そして東京農業大学5位の健闘が目に焼きついた。

昨年の惨敗を考えると本当に良くやったと褒めてあげたい。

駒澤大学も往路では序盤は去年と同様でまたシード獲得も危ないと思ったが5区の山登りで区間2位の検討をみせ13位から8位へシード圏内に入り復路は各選手の本来の実力を発揮して9区で山梨学院をぬいてついに2位に浮上し復路優勝したのは感動した。

山梨学院も駒澤大学に抜かれはしたが今回は留学生の力と言うよりは日本人学生の力で勝ち得た3位なのでその点では評価できる。

逆に日大他亜細亜大学最下位の20位、中央学院大13位の惨敗も印象に残った。
以下総合記録
1位:東洋大学11時間10分13秒
2位:駒澤大学11時間13分59秒
3位:山梨学院大学11時間15分46秒
4位:中央大学11時間16分
5位:東京農業大学11時間16分42秒
6位:城西大学11時間17分53秒
7位:早稲田大学11時間20分04秒
8位:青山学院大学11時間21分25秒
9位:日本体育大学11時間21分45秒
10位:明治大学11時間21分27秒
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーシード
11位:帝京大学11時間24分52秒
12位:東海大学11時間25分46秒
13位:中央学院大学11時間26分41秒
14位:上武大学:11時間28分14秒
15位:日本大学:11時間28分48秒
16位:学連選抜:11時間29分37秒
17位:専修大学:11時間29分51秒
18位:大東文化大学:11時間32分53秒
19位:法政大学:11時間33分22秒
20位:亜細亜大学:11時間41分07秒
スポンサーサイト

アメフト 日本一決定戦

本日(1/3)

<第86回箱根駅伝>◇復路◇箱根-東京
(5区間109・9キロ)

 関東の19校と関東学連選抜の計20チームが参加して争わ

れ、往路1位の東洋大が通算11時間10分13秒で2年連続

2度目の総合優勝を果たしました。

総合連覇は2002~05年まで4連覇した駒大以来です。

13時38分、ゴール。 

2年連続
総合優勝 万歳\(^o^)/

昨年の初優勝の時は、ゴールの大手町まで観にいきました。

今回は、東京ドームで携帯のワンセグで見ていました。





そして、
14時~

アメリカンフットボールを生観戦しました(東京ドーム)


第63回 社会人vs学生 日本一決定戦(ライスボール)

鹿島 対 関西大学です。

鹿 島 ー 関西大学

0-7

2-3

8-6

9-0

ーーーーーーーーーーー

19-16

1、2階席もほぼ満席で3階席にも観客を入れていました。

社会人決勝戦(ジャパンXボウル)、鹿島対富士通戦同様、好試合

でした。残り4秒、鹿島の地力の差が出た様な気がしました。



社会人代表の鹿島が、62季ぶりに学生王者となって初出場し

た関大に19-16で勝ち、12年ぶり2度目の優勝を果たし

た。社会人の優勝は2008年の松下電工(現パナソニック電

工)以来2年ぶりで、通算成績は15勝12敗となった。

 鹿島は相手インターセプトからそのまま先制TDを許すなど

ミスが目立ち、前半を2-10で折り返した。

第3クオーター以降は強力なディフェンスと、RB丸田らの力

強いラン攻撃で関大を圧倒。同点で迎えた試合終了間際にキッ

カー鹿島のFGで勝ち越した。

キッカーとして3FGを決めたDB小原が1人で全16得点を

挙げた関大は、後半ディフェンスが乱れた。(記者談)


 最優秀選手には鹿島のLB牧内が選ばれた。

NHK教育テレビでも生中継していました(14~17時)

ロード用シューズとペダル

先日ヤフオクで落札したシューズとペダルをお披露目します。
シューズはノース・ウェーブのカーボン。600グラム。
ペダルはLOOKPP166。
です。今使っているMTB用のアディダスのシューズは1キロですから、400グラム軽くなってます。
ビィンディングのクリートが大きくなっているのでペダルとの一体感はますでしょう。
しかし、左右の遊びがないのでその辺の慣れが大事だと思います。
新しいシューズと中古のペダルのデビューは今週末です。
予定では銚子をアタックしてみたいと思ってます。
東金から銚子、利根川沿いを野田まで未走破区間の解消ルートです。天気だけが心配です。1泊2日の小旅行です。

LSD

筋肉痛のため朝練なし。

帰宅後、筋肉痛が少し緩和したのでLSD。
ひざ痛もなく、適度に汗をかく。

・・・・・・・
夜 固定ローラー 110拍走

 #1 1時間 80w 109拍 81回転

今月累計: 723km

桧原村ツーリング

11月15日、ここのコミュ、ピースラクラブ主催の「東京で唯一の村、桧原村ツーリング」に参加した。
前日は冷たい雨で、当日の天気も心配だったが日頃の行いが良いせいか、天気予報どおり、全くの快晴だった。

 朝6時に起床、7時に集合場所に向けて出発した。
この後よく晴れてくるのだが、出発時点では濃霧がひどく、50m先が見えないような状態だった。
ヘルメットのシールドも霧に濡れ、すぐ曇ってきて、20m先も見えない状態だったので、シールドを上げて走る。路面も濡れていた。

 鴻巣あたりまで来ると、霧も晴れ、素晴らしい天気になってきた。
目の前に、遠くの稜線の後ろに富士山も見えてきた。
鴻巣を過ぎて、吉見百穴で有名な吉見町に向かう途中で荒川に差しかかると、「川幅日本一」というポールが御成橋のたもと立っていた。
なんでも日本一と自慢したがるもんだなあと橋を渡っていくと、なんと、肝心の荒川の川幅はたったの30m!(-◇-)誇大広告でねーか?

 吉見町から川島町の圏央道に向かうつもりだったが、曲がるところを間違え、小川・嵐山などという標識が見えてきた。
慌てて、Uターンし、川越方面へ向かい、川島町まで伸びた圏央道に乗る。
時間は、午前8時20分、集合時間までにあと1時間ちょっとだ、ヤバい、急がねば。

 圏央道は日曜日とあってか、比較的交通量が多く思ったより飛ばせない。
バイクに乗って、時速200km/hくらいの速さで走って手を広げると、ちょうど空気の抵抗が、若い二十歳くらいの女性のおっぱいの固さになる。けっこうな手応えだが、本日はそれほど飛ばせなかったので、まぁ60歳くらいのおっぱいか。(笑)

 それでも日の出ICまで30分くらいで着いてしまった。高速を降り、ゆっくり都動7号線を集会場所のマクドナルドを探しながら走る。
10分くらい走ると、マクドナルドを発見した。バイクはまだ1台しかない、けっこう早く着いたようだ。

 しばらくすると、三々五々バイクが集まり始めた。色々なバイクが集まってくる。オフロード車、ハーレー、レプリカ、アメリカン、スタンダードなバイク、なんと車の人もいる。こんな種々雑多なバイクでのツーリングは初めてだ。
年齢も様々、女性もいる。しかし、イイ男、イイ女の含有率は極めて高い(^-^)。
女性にいたっては100%美人である。紅一点なのだから、100%か0%なわけだが(笑)
女性のバイクは、スペシャルカスタマイズCB400デラックスなのには驚いた。

 何がスペシャルなのかといえば、車高が恐ろしく低い。車でいえばシャコタン並み(^o^)。横にツンと飛び出した赤いぽっちが、センセーショナルに男心をくすぐる。
これなんですか?と聞いたところ、ハンドルグリップウォーマーなんだって。(笑)

 みんな揃ったところで、ピースラ隊長が簡単なミーティングを行い、いざ出発。
目指すは、「神戸岩」。狭い山道を登り、あるかなしかの駐車スペースに18台のバイクと2台の車がひしめきあって駐車。
上を見上げれば、真っ赤な紅葉が真っ青な空をバックに枝を伸ばしている。(写真1)

 神戸岩は、高さ100メートルの岩盤が両側にそそり立つ奇勝、2億5千万年前の露出した地層が神秘的な景観を創り出している。廊下状の狭い谷には神戸川の清流が、岩盤を響かせながら駆け下っている。その流れに沿って遊歩道があり、鎖を頼りに滑りやすい狭い通路を通り抜けると、いきなりパッと開け、色づいた木々が姿を見せる。(写真2)

 その後は、桧原村資料館だ。
そこそこ立派な資料館だが、入場料は無料だ。中は、近辺の立体模型や住んでいる獣たちの模型、昔の暮らしを彷彿とさせる農具や武具などが並んでいる。来館者はほとんどいないらしい。
お昼近くになると、温度も上がり汗ばむくらいの陽気になった。着ていたセーターを脱いでいると、目の前の川の上に、無数の蝶のような落ち葉が風に舞い降り注いだ。
なんて綺麗な光景だろうと、しばし感動に晒された。
(写真3)

 お昼は予定していたおそば屋さんが閉店していて、急遽次の目的地である「つるつる温泉」に向かうことになった。
「つるつる温泉」で昼食を取り、温泉に入る。肌もつるつるになるが頭もつるつるになりそうなので早めに上がった。
風呂場のロビーで電車で参加!!したという、黒騎士さんとオフロード談義に花が咲く。(いちおう、これバイクのツーリングなんだよね?)

 ここで、一次解散になり、一路自宅へ向かった。
途中何事もなく、不思議な出来事に出くわさず、無事に午後6時頃到着。
あまり走ってないせいか、全然疲れてないけど、みなさんお疲れさまでした。

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。